頭が良くなる!美しくなる!女子にうれしい納豆レシピまとめ

この記事の所要時間: 354

はじめに

納豆 レシピ 節約 効果 栄養
みなさんは、納豆はお好きですか?
独特のにおいとネバネバ、好き嫌いが大きく分かれるところですが、安くて栄養満点の納豆は、積極的に食べたい食材です。
しかも、納豆に含まれる栄養素には、女性にうれしい効果が盛りだくさん!
今回は納豆の効果と、納豆を使ったオススメレシピをご紹介したいと思います。

納豆を食べるとこうなる!

納豆 レシピ 節約 効果 栄養

1.頭が良くなる!

脳細胞を活性化させて記憶力を高めるレシチン、神経伝達物質のアスパラギン酸・グルタミン酸などもたくさん含まれており、短期的な記憶力を高める効果があることがドイツの科学者によって実証されています。

2.美しくなる!

納豆にたくさん含まれているビタミンB群(B1,B2、B12)には、美肌効果があると言われています。
また、ビタミンEや大豆イソフラボンは、女性ホルモンを活性化させ、新陳代謝を促進し、自律神経を安定させる効果もあります。

3.健康になる!

鉄分やカルシウムも豊富です。貧血を防ぎ、骨を丈夫にして骨粗しょう症の予防に役立ちます。
酵素のひとつプロテアーゼには血圧上昇を抑制する働きがあり、アミノ酸化されたタンパク質類は疲労回復に効果があります。

他にも整腸作用や、血液をサラサラにする効果など、体にいいことがたくさん!

バリエーション色々!納豆レシピ

女子に嬉しい効果が分かったところで、早速納豆のアレンジ料理をお楽しみください。
和食のイメージが強い納豆ですが、パンやパスタなどにも意外に合いますよ!

■納豆包み揚げ

納豆 レシピ 節約 効果 栄養

《材料》

納豆、里芋、海苔、めんつゆ、小口ねぎ、揚げ油

《作り方》

1)里芋の皮をむいてレンジでチンして潰します。
2)1に納豆と付属のたれも加えて粘り気が出るまでよく混ぜます。
3)2を海苔でくるんで油で揚げます。
4)めんつゆをそうめんのつけだれくらいに薄めておきます。
5)3を4のつゆに入れて、最後に小口ネギを散らして完成です。

■納豆オムレツ

納豆 レシピ 節約 効果 栄養

《材料》

納豆、玉子、ネギ、とろけるチーズ、みりん、白だし

《作り方》

1)納豆と付属のたれをよく混ぜておきます。
2)ボウルに卵を割り、白だし、みりんを加えてよく混ぜます。
3)フライパンに油を熱し、2を加え箸で一度ぐちゃぐちゃにして、
ふんわり感を出します。
4)3に納豆、ネギ、とろけるチーズを入れて卵で包んだら完成です。

■納豆パスタ

納豆 レシピ 節約 効果 栄養

≪材料≫

納豆、キムチ、バター、きざみ海苔、パスタ、塩

≪作り方≫

1)たっぷりのお湯に塩を加えパスタをゆでます。
2)納豆を付属のたれと一緒によく混ぜておきます。
3)パスタがゆであがったら、お湯を切り器に入れバターを入れ、
よく絡めておきます。
4)3の上に納豆、キムチを乗せ、最後にきざみ海苔をかけたら完成です。

■納豆トースト

納豆 レシピ 節約 効果 栄養

≪材料≫

納豆、とろけるチーズ、マヨネーズ、小口ネギ、食パン、粗挽き黒こしょう

≪作り方≫

1)納豆を付属のたれと一緒によく混ぜておきます。
2)食パンの上に薄くマヨネーズを敷き、
納豆を乗せその上にとろけるチーズを乗せます。
3)オーブンでチーズがとろけるまで焼き、
最後に小口ネギ、粗挽き黒こしょうを散らして完成です。

■アボカド納豆

納豆 レシピ 節約 効果 栄養

《材料》

納豆、アボカド、マヨネーズ、醤油、ごま

《作り方》

1)アボカドを櫛形に切りざっくりと潰します。
2)納豆を付属のたれと混ぜておきます。
3)1に2を入れてマヨネーズを加えざっくりと混ぜます。
4)器に盛り、最後に醤油をまわしかけ、ごまを散らしたら完成です。
クラッカーなどに乗せて食べてくださいね。

おわりに

納豆 レシピ 節約 効果 栄養
いかがでしたか?納豆嫌いの方でも「試してみたい!」と思うようなレシピはあったでしょうか?

お安く入手できて、これ一品でご飯が進む納豆は、節約生活の味方です。
冷凍も可能なので、特売のときにまとめ買いして冷凍しておくと、いざという時に役立ちます。
毎日の美と健康、そして脳の活性化のためにも、納豆を食卓にどんどん取り入れていきましょう。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet