あなたの個人情報はいくら?口座からSNSアカウント、学歴の闇取り引き

この記事の所要時間: 254

はじめに

個人情報 値段 学歴 口座 アカウント 闇取り引き
今年の7月にベネッセが起こした個人情報流出事件では、顧客の氏名や年齢、生年月日、住所、電話番号などの760万件~2070万件の個人情報が流出しました。その結果、ベネッセの顧客には他の会社からダイレクトメールなどが届くようになり、流出した個人情報が売られたことが分かりました。

怖い話ですが、個人情報はいくらで取引されているのか気になりますよね。今回は様々な個人情報の値段についてご紹介いたします。

あなたの個人情報はいくら?

クレジットカード番号

個人情報 値段 学歴 口座 アカウント 闇取り引き

カードが発行された国によって値段に多少の差異があり、アメリカで発行されたカードは他国と比較して割安であるようです。クレジットカードを多用する国民性や消費習慣と、クレジットカードが多く発行されている点から悪用や流出しているケースも多いものと考えられます。
(「All About」より)

主にネットバンキングのパスワードや暗証番号とセットに売られます。口座の方がカードよりも高いのは、口座の方が現金の不正取引に使いやすく、現金化しやすいからです。本人確認にも使うことが出来ます。

氏名、住所、年齢、性別、生年月日、電話番号

個人情報 値段 学歴 口座 アカウント 闇取り引き
氏名だけでは価値がありませんが、0.2円から売られています。
20代の女性のものが1番高くなるそうです。

卒業アルバムは売れる?

個人情報 値段 学歴 口座 アカウント 闇取り引き
ちなみに、調べてみると卒業アルバムを売れるサイトがあるそうです。
問題視されていませんが、今の法律では自分の卒業アルバムを売るのは犯罪にはならないみたいです。

SNSアカウント

個人情報 値段 学歴 口座 アカウント 闇取り引き

1件あたりに換算すると twitter のアカウントが Facebook のアカウントと比べて 2倍以上の金額になっています。世界的には Facebook のユーザ数が twitter を上回っているとされるため、結果的にアカウントを詐取され悪用される被害者の数も多くなっているという事情を示しているのかもしれません。
(「All About」より)

WEBメールアドレス

個人情報 値段 学歴 口座 アカウント 闇取り引き

これは単純にスパムメール(迷惑メール)の送り先としてのアドレスの名簿でなく、ユーザID とパスワードの組み合わせというものを示しているとみられます。ここで取り上げた3つの Webメールのうち、Gmail が Yahoo!メールと Hotmail の約 4倍以上と圧倒した金額になっています。他の 2つと比較すると Gmail のアカウント情報は Android OS を搭載したモバイル端末や SNS「Google+」との関連性が高いため、価格も高騰していると推測されますが今後ユーザ数が増加すると差がなくなる可能性も十分ありえます。
(「All About」より)

学歴

個人情報 値段 学歴 口座 アカウント 闇取り引き
氏名、住所が付属していれば価値がないようです。
有名な大学になるほど高い値段で取引されます。

中国ではニセ大学の卒業証書が買える?

個人情報 値段 学歴 口座 アカウント 闇取り引き
中国では、キャンパスのない名前だけのニセ大学があり、ネットでお金を払うことによって正規の大学卒業資格が買える事が発覚し、問題になっています。
学歴詐称をして就職をする若者をターゲットにしたこのニセ大学、なんと中国国内で210校も発見されたそうです。

おわりに

個人情報 値段 学歴 口座 アカウント 闇取り引き
私たちはネット上の様々なところで個人情報を入力しますが、それがどこかで漏れて知らないところで取引されていると考えると怖いですね。
今まで意識して個人情報を扱うことが大切かもしれません。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet