【美容にも効果アリ!?】 質素倹約の国・ドイツがお手本の節約&時短料理術

この記事の所要時間: 515

はじめに

ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容

以前『世界各国の節約エピソードが集結!~節約ワールドカップ 2014~』という記事の中で、世界各国の節約術をお伝えしました。

中でもドイツは、「質素倹約」の意識が高く、国民性として染みついているとも言われています。

今回はそんなドイツの伝統的な食文化をヒントにした、私達日本人の食卓でも活用できる節約&時短料理の方法をご紹介したいと思います。

ガス代節約&時短調理!働く女性を家事から解放するドイツの”冷たい食事”

ドイツでは、火を使わずに簡単に作れる「カルテスエッセン」という食事があるそうです。

ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容
(出典:木陰のアムゼル

カルテスエッセンとは「冷たい食事」という意味で、ドイツでは温かいものやこってりしたものを食べるのはお昼だけで、夕食はパンにハム・ソーセージ、チーズ、サラダなどで軽めに済ませるのが一般的なのだとか。

火を使わず、準備も後片付けも簡単にできるので、電気やガスなどの光熱費の節約になるほか、忙しい時には調理時間の短縮にもなります。

このような夕食のスタイルが習慣になったのは、ドイツ人女性の就業率の高さも理由のひとつであると考えられているのだそうです。

健康維持やダイエットにも効果的!!

私達日本人には、一見朝食のメニューのようにも見えるカルテスエッセン。

しかしドイツでは、前述の食文化や女性の就業率などのほか、「夜は寝るだけだから、たくさん食べなくても良い」という健康意識からも、軽めの夕食が習慣になっているのだそうです。

ついたっぷり食べてしまいがちな夕食ですが、一日のうちで体に摂りこんだエネルギーが脂肪として吸着しやすいのは、夕方~夜の時間

また、夕食に高脂肪・高たんぱくの食事を摂ると、胃に負担がかかって胃もたれの原因になったり、睡眠の質を下げることがある と言われています。

つまり、カルテスエッセンのような軽めの夕食は、ダイエットや健康維持にも効果的というわけです。

『20代前半に1年ドイツの一般家庭に滞在した時に、このカルテスエッセンのおかげで3キロほど自然に落ち、帰国後も落とした体重のまま数年キープできました。』(出典:ドイツ カルテスエッセンダイエット

『最初は物足りなく感じたものですが、慣れると快いですよ。夕食には軽食の方が消化が良くてよく眠れますし。今では以前夕食にたっぷり食べていたのが信じられないほど。 』(出典:木陰のアムゼル

日本版カルテスエッセンに挑戦!火を使わないレシピまとめ

”火を使わない”といった意味では、お刺身や漬物、冷奴などが日本版カステルエッセンと言えそうです。

また、火を通さなくても食べられる食材を組み合わせることでも、ガスや電子レンジを使わずに立派な献立が完成します。

皆さんもぜひ、光熱費の節約&時短調理に、火を使わない献立を取り入れてみてはいかがでしょうか。

■まぐろとアボカドのとろろ丼
ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容
まるでカフェのランチメニューのような、お洒落な丼です。
食材を冷やしておくと、より美味しく食べられます。

■なんちゃっ天丼
ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容
天かすを天ぷらに見立てた、『なんちゃっ天丼』。
天かすはいか天やえび天などを使うと、より天ぷららしい味わいになります。

■大根ときゅうりのサラダ
ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容
あっさり味が美味しいサラダ。
ちくわやコーンを加えるなど、アレンジも自在です。

■たっぷりツナキャベツ
ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容
栄養豊富なキャベツをたっぷりと食べられるレシピです。
一人分140calとヘルシーなのも嬉しいですね!

■豆腐とトマトのカプレーゼ
ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容
モッツアレラチーズではなく豆腐を使うことで、安くてヘルシーに!
彩りも良いので、食卓が華やかになりそうです。

『切って混ぜるだけ!あと一品欲しい時の時短&節約レシピ』でも
火を使わない料理を多数ご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

食材をムダにしない!残り野菜は”スープ料理”でまとめて使い切ろう

ドイツの家庭料理に、肉やソーセージ・ベーコン、野菜、じゃがいも、豆類などありあわせの食材をひとつの鍋に入れて煮込んだ「アイントップフ」と呼ばれるポトフに似たスープ料理があります。

ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容
(出典:ELBE BLOG

食材は冷蔵庫の残り物でも、ボリューム&栄養は満点!
アイントップフは、ドイツ人の実質的な国民性があらわれた料理といえます。

アイントップフがお手本!残り野菜でスープレシピまとめ

ドイツのアイントップフは、ブイヨンで煮込むのが一般的だそうですが、ベースや加える調味料によって、様々なスープへのアレンジが楽しめそうです。

食材を使い切ることは、食費の節約の基本。
アイントップフのようなスープ料理なら、残り野菜を上手に活用して美味しく仕上げることができます。

残り野菜で簡単スープ
ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容
味付けにケチャップを入れるのが、美味しさのポイント!
玉ねぎを炒めて入れると、甘味・旨味が出るのでおすすめです。

■コンソメミルクスープ
ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容
面倒なホワイトソース作り不要のお手軽レシピです。
片栗粉を使って、とろみをつけています。

■具だくさんトマトスープ
ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容
トマト仕立てのスープ。
じゃがいもは別で加熱しておくと、煮崩れを防ぐことができます。

野菜のスープが体にもたらす嬉しい効果

野菜は加熱することによってかさが減るため、たくさん食べることができますが、野菜に含まれているビタミンが加熱することによって破壊されたり、水に溶け出してしまったりというデメリットもあります。

しかしスープなら汁ごと食べられるので、水に溶けてしまったビタミンも逃すことなく摂取できるのです。

また、野菜は全般的に食物繊維が豊富な食材。
スープで水分と野菜の食物繊維をバランスよく摂ることで、美容にとっても大敵である便秘の解消にも効果的です。

おわりに

ダイエット 節約 時短 料理 ドイツ 美容

いかがでしたか?

ドイツ人の国民性とも言われている、質素倹約の精神、環境や健康意識の高さから生まれた節約&時短テクニックは、実はダイエットなどの美容面にも嬉しいメリットがたくさん!

ぜひ私達も生活の中に取り入れていきたいものですね。

SNSウィジェット