あなたならどうする?相続税対策|110万円の基礎控除枠を利用した「暦年贈与」とは

この記事の所要時間: 234

はじめに

対象者は2倍以上に!?|2015年から相続税が大増税の2大ポイントとは?では、相続税の変更点を中心にご紹介いたしました。
相続税対策は、早めの対応が肝心です。では、何をどのように準備すればよいのでしょうか?

相続税 贈与税 基礎控除枠 暦年贈与 教育資金贈与 相続時精算課税

節税の基本

基本は、とてもシンプル相続財産を減らすことです。
要するに、「生前贈与」を使って節税することが一番の近道です。
ただし、相続税と贈与税の特製を理解し方法を吟味しないと思わぬ落とし穴に落ちてしまいますよ。

相続税 贈与税 基礎控除枠 暦年贈与 教育資金贈与 相続時精算課税

生前贈与の具体的な方法

生前贈与にもいろいろな方法があります。
メジャーな方法として下記の3つの方法があげられます

1. 毎年の非課税枠110万円の暦年贈与
2. 教育資金贈与
3. 相続時精算課税方式

今回は、「1.110万円の基礎控除枠を活用した暦年贈与」についてご紹介します。

相続税 贈与税 基礎控除枠 暦年贈与 教育資金贈与 相続時精算課税

暦年贈与とは

贈与税の暦年課税制度をさします。1月1日から12圧31日までに贈与を受けた金額が基礎控除額以下であれば贈与税の申告がいらない制度です。

ただし、暦年贈与を毎年繰り返した場合「税金逃れ」と見なされ後日、追徴課税を課せられる場合があります

相続税 贈与税 基礎控除枠 暦年贈与 教育資金贈与 相続時精算課税

暦年贈与のメリット

贈与されたお金を子(贈与する側からみたら孫)の教育資金として使用する場合、教育資金贈与を利用する方法もあります。しかし、教育資金贈与には孫が30歳になるまでに教育費として使い切らねばならないという期限があります。
しかし、暦年贈与は期限も使用目的もない使い勝手のよい財産となり贈与を受ける相手が30歳未満でなくとも利用できます。

相続税 贈与税 基礎控除枠 暦年贈与 教育資金贈与 相続時精算課税

暦年贈与を生前贈与として活用する際のコツ

1.金額と移動した日が目に見える形で誰もがわかるようにする現金で手渡しをするのではなく、銀行を経由し通帳で目に見える形にする

2.印鑑や通帳は贈与を受ける側が管理する

贈与する側が勝手に口座を作って資金移動し、通帳や印鑑を管理している場合は「名義借り預金」と見なされて贈与になりません。

3.毎年贈与する場合は、時期や金額を変える

毎年同じ時期に10年間基礎控除の範囲内で贈与をしていた場合は、1000万円を毎年定期預金として贈与する「定期金の贈与契約」と判断され贈与税がかかる場合があるので要注意です。

上記3つ以外にも
贈与したことをあえて確実に証明するために120万円贈与して1万円を贈与税として毎年払う方法があります。

相続税 贈与税 基礎控除枠 暦年贈与 教育資金贈与 相続時精算課税

おわりに

いかがでしたか?今回は「暦年贈与」を相続税対策の一つとして活用する方法をご紹介いたしました。他にも孫やひ孫への教育資金援助として活用できる「2. 教育資金贈与」や親から子に限定し活用できる「3.相続時精算課税」などがあります。

それぞれのご家庭の状況に応じて、有効な方法は異なります

今から、それぞれの方法のメリットデメリットを理解し何をどのように利用すべきか検討したいものですね。

相続税 贈与税 基礎控除枠 暦年贈与 教育資金贈与 相続時精算課税

参照元
参照元
参照元

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet