【iPhone版】Dr.Walletでしゃべって入力する方法

この記事の所要時間: 127

ios_guide_title_banner

はじめに

もっと簡単に家計簿をつけたい!!
そんなニーズに対応するため、ドクターウォレットでは音声入力(しゃべって入力)機能がついています。
自動販売機でジュースを買った、などレシートが出ない入力にも便利です!

しゃべって入力を使う

ios_guide_voice_input_ss_01

しゃべって入力を使うにはホーム画面を表示した状態でiPhoneを振ります!(シェイクジェスチャー)
振るというのは物理的に振るということです。
iPhoneをしっかりもって、上下に、左右に、1、2回振ってみてください!
すると、以下のような画面が表示されます。

ios_guide_voice_input_ss_02

テキストボックスに直接打ち込んでもいいですが、オススメは音声入力です!
キーボード左下のマイクボタンをタップしてください。

ios_guide_voice_input_ss_03

すると音声入力モードになりますので、マイクに向かってしゃべります。
以下のような形式でしゃべってください!

○○(店名)で○○(品名)を○○(金額)円

例えば、自動販売機でコーラを買ったら、

自動販売機でコーラを130円

のようにしゃべります!
他にも

コンビニで朝ご飯を320円
電車で切符代を280円

などもオススメです!
しゃべり終わったら、完了をタップしてください。

ios_guide_voice_input_ss_04

正しく入力されていることを確認したら、完了をタップしてください。

ios_guide_voice_input_ss_05

確認画面が表示されます。
正しければはいをタップしてください。

ios_guide_voice_input_ss_06

これだけで家計簿がつけられます!

日付やカテゴリーはどうなるの?
日付は入力した当日が、カテゴリーは手入力画面で一番左上にあるものが設定されます(通常は食費)。

カテゴリー

Dr.Wallet公式ガイド

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet