心はリッチに、お財布には優しいデートコースを立てる方法5選

この記事の所要時間: 230

a0002_006511_m
彼氏彼女が出来たあなたが真っ先に考えるのが、パートナーとのデート。ただし、その時の頭にはお金がどれだけかかることに成るのか、あまり考えが及んでいないかもしれません。
経済合理性から考えると、パートナー選びの時にはなるべくサンクコストを作らずに、相手のコトを知ることが、幸せな結婚へと導いてくれるはずです。

人は、相手に投資した分のお金や時間が多くなればなるほど、その費用を回収するためにドツボにはまり、誤った判断をすることがアリますが。
そんなことになる前に、そもそもデートコースを作る段階でお財布にやさしいデートコースを考えてみましょう。時間は仕方ありません。最低限はかけましょう。

今回は徹底的に、節約目線で考えてみましょう。

そもそも、デートの平均金額

エンジニアのデート代は、1回8350円で、月間で平均すると2万6385円となります(参考)。もし誕生日やクリスマス等の特別なイベントの時だったりすれば、旅行へ行ったり、プレゼントを上げたりすることで、さらに費用はかさむでしょう。2泊国内旅行するだけで、1人数万円はかかってしまいます。

もしも、割り勘をしないで奢るタイプの男性の場合だと、彼女をつくって1年間付き合うと、50万円以上使うことになるかもしれません。

節約デートアイデア

1)DVDを借りて見る
TSUTAYA、Hulu、DMMといった所でDVDを借りて、映画を室内で見ましょう。これはレイトショーを見に行ったりするよりも安く、同じコンテンツを消費できるという点で良いでしょう。

2)カラオケフリータイムへ朝一で
外へ出るときに考えることは、何時間を何円で遊べるかです。その点、カラオケのフリータイムを選べば、半日1000円といった価格で遊ぶことが可能。お互い楽しめるでしょう。

3)公園へ繰り出す
公園へいくこともデートらしく、また費用が発生するポイントが少ないので安上がりに楽しむことが出来ます。例えば公園のボートや、テニス場を使うことで、運動をしつつ健康的に距離を縮めることが出来るのできるでしょう。カメラを使った風景撮影なんかも思い出を作るアイデアです。

4)ショッピングモールへ出かける
諸刃の剣ですが、何かものを買わない、自生することが出来る場合はショッピングモールもオススメです。様々な新しい者が並んでいる空間はそれだけで楽しい気分に。地方の人は大きな商業施設が近くに有るかもしれません。IKEAや、COSTCOは通常のスーパーとは違った雰囲気があるので、それだけで楽しめるかもしれません。

5)裁判傍聴デート
まさかの変わり種ですが、裁判傍聴の魅力は、知的好奇心を本物の人間ドラマで得られるところです。そして、傍聴なので無料。地域ごとに設置されている事が一般的ですから、見学しに行きやすいでしょう。中でも争いが分かりやすい地裁刑事から選んで見ることがオススメです。

参考:独身エンジニア「彼女とのデート代平均は1回8,350円」|【Tech総研】

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet