夏バテならぬ”秋バテ”に注意!高い医療費を払う前に、自宅でできる簡単ケア

はじめに

秋バテ 医療費 

今夏も少しずつ終わりに近づいてきました。
9月に入ると、8月の暑さがまるで嘘のように、涼しくて過ごしやすい日が増えていきますよね。

こうした時期に気を付けたいのが、夏バテならぬ”秋バテ”

9月下旬あたりから、夏バテと似た症状を訴えて医療機関を訪れる人が増えているのだそうです。

これって”秋バテ”?気になる症状をセルフチェック

秋バテ 医療費

以下に挙げる症状の中に、自分に当てはまるものはありませんか?

■秋バテの症状
・食欲がなく、胸やけや胃もたれがある
・疲れやすく、身体がだるい
・立ちくらみやめまいがする
・肩こりや頭痛がする
・頭がボーッとして、無気力になる
・寝不足で、朝スッキリ起きられない
・舌に白いコケのようなものが付く

もし3つ以上当てはまる症状があった方は、秋バテしている可能性があります。

誰にでも起こる秋バテ、その原因は?

体力がなく、胃腸が弱い人がなりやすい夏バテとは異なり、秋バテは体力に自信がある人でもなる可能性があると言われています。

では、涼しくなって過ごしやすいはずの秋に、こうした身体の不調が起こるのはどうしてなのでしょうか。

主な原因をご紹介していきたいと思います。

秋バテの原因① 寒暖差や低気圧による自律神経の乱れ

秋バテ 医療費

昨今では、気温35℃を超える猛暑日というのも珍しいことではなくなりつつありますよね。

そのため、大概の場所では冷房がきいていて、外気との差は5~10度。

この寒暖差が無自覚のうちに自律神経を乱すことで血液の循環が悪くなり、様々な症状が引き起こされます。

■自律神経とは?
自分の意思とは無関係に、身体の機能を調節する神経。
暑い時は血管を拡張させて発汗を促すことで体温上昇を抑え、
寒い時には血管を収縮させて体温の低下を防いでいます。

また、秋になると、低気圧が上空を通りはじめます。

低気圧になると空気中の酸素が少なくなるため、呼吸が乱れて自律神経も不安定に。

寒暖差によって自律神経が乱れていると、低気圧によってさらにダメージを受け、秋バテを発症してしまうのです。

秋バテの原因② 夏場の食生活

秋バテ 医療費

冷たいものを摂り過ぎると胃が弱る

暑い時はどうしても、冷たくてさっぱりとした食べ物・飲み物が欲しくなるもの。

かと言って冷たいものばかりを摂っていると、胃が冷えて胃液の消化力が低下し、胃がどんどん弱ってしまいます。

食べ過ぎは胸やけ&胃もたれに

食べ物が口に入ると、「ガストリン」と呼ばれる胃液の分泌を促すホルモンが分泌されます。

ガストリンが多く分泌されると胃液もたくさん出るのですが、胃液の出過ぎは胸やけや胃もたれなどの元となってしまいます。

また、ガストリンは冷たいものやたんぱく質・脂質の多い食べ物でも分泌量が増えてしまうため、夏場に食欲をそそられる「から揚げと冷えたビール」などの組み合わせは注意が必要です。

今から始めておきたい、簡単にできる秋バテ解消法

秋バテは放っておくと感染症にかかりやすくなったり、心筋梗塞脳梗塞などの大病にもつながる恐れがあります。

病気になると、高い医療費を支払うことになったり、仕事を休まなくてはならなくなったりと、身体だけではなくお財布にとっても大ダメージ。

お金をかけず、自宅で簡単に実践できる解消法で、今のうちからケアしておくことをおすすめします。

ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる

秋バテ 医療費

シャワーだけで済ませず、38~40℃のぬるめのお風呂に、10~30分ほどゆっくりと浸かる時間をつくりましょう。

寒暖差によって滞りがちだった血のめぐりを、温熱効果によってスムーズにします。

リラックス効果もあるので、夜寝る前に入浴すればぐっすりと眠れるはずです。

バスタイムを有効に使いたい方は、以前ご紹介した『お金をかけずにキレイになれる!良い事づくめの”お風呂で歯磨き”を習慣にしよう』をぜひご覧ください。

適度な運動をする

運動をすることによって、身体を活性化するホルモンが脳内で分泌され、スッキリと1日を過ごすことができます。

おすすめは20~30分のウォーキング。

通勤や買い物など、生活の中にうまく取り入れて、毎日続けるようにしましょう。

免疫力を高めるものを食べる

秋バテ 医療費

冷たいものはなるべく控え、温かい食べ物・飲み物を摂りましょう。

毎朝コップ1杯の白湯を飲むと、胃腸が温まって血液循環が良くなり、体温が上がることによって免疫力も高めてくれます。

食材は免疫力を高めるビタミン・ミネラル食物繊維を豊富に含むものがおすすめ。

胃腸に負担をかけないよう、よく噛んでゆっくりと食べることが大切です。

秋バテ解消におすすめの食材
かぼちゃ、さつまいも、じゃがいも、長芋、ゴボウ、レンコン、
しいたけ、しめじ、まいたけ、サンマ、鮭、サバ、
栗、ぶどう、桃、梨など

なお、こちらの記事で免疫力アップ食材の代表・きのこ類の活用術や上手な保存の仕方をご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

■ダイエットにも効果アリ?安くてお手軽な「冷凍ミックスきのこ」活用術
■まとめ買いしよう!長期保存で旨味がアップ?!体にもお財布にもやさしい食材の正体とは

エアコンの温度設定に注意

前述のとおり、屋内外での寒暖差が秋バテの原因のひとつでした。

暑さの残る秋のはじめには、まだまだエアコンを使うこともあると思います。

5℃以上の差を繰り返していると、自律神経バランスを崩し始めるので、温度設定に十分に注意してエアコンを使用するようにしましょう。

おわりに

秋バテ 医療費

まだまだ暑い日が続いているように思いますが、もう8月も下旬。
季節はゆっくりと秋に近づいています。

様々な不調を引き起こす怖い秋バテは、今のうちからしっかりケアして、元気に秋を過ごしましょうね!