プチ手間でおもてなし!気の合う仲間で大満足のホームパーティーとは

はじめに

ホームパーティー おもてなし 節約 マスキングテープ レシピ

最近、「家呑み」「家コン」などが流行っているそうです。
周りの人を気にせずくつろげる、お金がかからない、などのメリットから、女性を中心にホームパーティーを企画している人が増えています。

でも、人を自宅に招くのは準備も大変だし、出費も気になりますよね。
まずは、親しい友人2~3人をお茶に招待するところから始めてみませんか?

お金をかけるより気を配って:インテリア

ホームパーティー おもてなし 節約 マスキングテープ レシピ
インテリアと暮らしのヒント

人を招待するのですから、家の中をキレイにしておくことが大切ですよね。
目に見える部分のホコリやゴミを取っておく、整理整頓する、というだけでも大丈夫。
あまり気を張ってしまうと大がかりになってしまいます。

ただし注意したいのは、トイレを清潔に保っておくこと。
トイレがきれいなだけでも、家全体の印象ががらりと変わります。
ちょっと一工夫がほしいときは、100均で購入したヘアバンドをフックに掛けて、トイレットペーパーホルダーを作れば、実用的なのにかわいいトイレのインテリアに。
お手持ちのヘアバンドや小物にひもをつけてもOK。

お金を出すよりもオリジナリティを出して:雑貨

マスキングテープを使って

ホームパーティー おもてなし 節約 マスキングテープ レシピ
Iemo

来客用に自慢の食器やおしゃれなコップなどがなくても大丈夫。
プラスチックのフォーク、スプーンなどにマスキングテープを貼ってみましょう。
紙コップや紙皿にも貼り付けると、お揃いでかわいらしい印象になります。

お子さんの誕生日会などで使えば、割れる心配もなく、マイ皿の目印にもなります。
マスキングテープを買い置きしておけば、様々な用途にアレンジして使えるので、とっても便利です。

このほかにもマスキングテープで雑貨を飾る方法を紹介しています。よろしければご覧くださいね。
安いクセに大活躍!マスキングテープでインテリアを可愛く彩ろう

折り紙を使って

ホームパーティー おもてなし 節約 マスキングテープ レシピ
お子さま行事の料理-小木人形―

和のおもてなしにはオリジナルお手もと。折り紙でいろいろアレンジできます。
お子さんと一緒に作っても楽しいですよね。

ティーバッグのタグを使って

ホームパーティー おもてなし 節約 マスキングテープ レシピ
お部屋公開専門サイトルームフレーバー

ティーバッグのタグを利用して作ったようじの旗。
いつもは捨てているものも、アイデア次第でテーブルを飾ってくれます。

簡単で低コスト、見た目も抜群レシピ

爽やか~☆レモン緑茶

ホームパーティー おもてなし 節約 マスキングテープ レシピ
http://cookpad.com/recipe/413245

緑茶に砂糖とレモンを混ぜるだけ!
秋空のさわやかな日差しにもよく合いそうなドリンク。
砂糖の代わりにはちみつを入れると、まろやかになりそうですね。

おやつ、おつまみはあり合わせのものを見た目で工夫して

リッツで簡単♪子供が喜ぶかわいいカナッペ

ホームパーティー おもてなし 節約 マスキングテープ レシピ

http://cookpad.com/recipe/2171711

リッツにゆで玉子・ハム・トマト・ミニウインナー・チーズなど、あり合わせの食材をのせるだけで、豪華なおやつに大変身!
マヨネーズを加えて飾れば子供達にも喜ばれるし、大人のお口にも合います。
紅茶と一緒に出すときは、買い置きのジャムやフルーツをのせて。

お花のかたちのきのこポテトサラダ

ホームパーティー おもてなし 節約 マスキングテープ レシピ

http://recipe.kewpie.co.jp/recipes/recipe/recipe.php?recipe_no=QP00012307

半分に切ったハムを3枚、丸めたポテトサラダに巻き付けます。
忙しいときは市販のポテトサラダを使ってもOK。

塩いもようかん

ホームパーティー おもてなし 節約 マスキングテープ レシピ
塩いもようかん

大人のためにちょっと一手間ほしい方には、手作りお菓子をどうぞ。
皮をむいて電子レンジなどでふかした旬のお芋に、ハチミツ・塩を混ぜて練っただけの簡単デザートです。
お茶だけでなく、お酒にも合いそうですね。

この他にも、ホームパーティーやお茶会に活躍する、簡単で安あがりなレシピを紹介しています。
安いおもてなしレシピ つくれぽ(クックパッド)

おわりに

ホームパーティー おもてなし 節約 マスキングテープ レシピ

おうちに常備してあるものを有効に活用してみれば、おもてなしのためのアイデアがいろいろ出てきそうです。

また、買い置きのお菓子やいただきものがあるときは、手の込んだ料理を作らなくても済むので人を呼ぶ良い機会ですね。

最近は、日本野菜ソムリエ協会が認定する、「ホームパーティースタイリスト」という資格もあるそうです。
でも、昔も今も変わらず、おもてなしに大切なのは「くつろいでもらう」「楽しんでもらう」というちょっとした心遣いではないでしょうか?