買わない人がオシャレの勝ち組?コーディネートの幅が広がる4つのテク

この記事の所要時間: 250

はじめに

節約 コーディネート 着回し 60年代
女性ならいつでもどこでもファッションを楽しみたいのが心情ですが、流行を取り入れようとすると、どうしてもお金がかかってしまいます。
節約ライフの真っ最中は、少ない服で幅広いおしゃれを楽しめるのが理想ですよね。

そんなあなたに大胆なご提案があります。
試しに1年間服を買わない生活をしてみませんか?
あなたのタンスに眠っている服たちをフル活用するテクニックを4つお知らせします。

1.着回しパターンを考える

節約 コーディネート 着回し 60年代
自分に似合う服装が分かっている人ほど、なぜか同じ雰囲気になってしまう…とお悩みではありませんか?
数はあるのに、色や雰囲気のせいで同じ服に見えてしまうのでは勿体ないですよね。

「このパンツにはこのトップス」のように、上下の組み合わせを固定にしているとバリエーションが広がりません。
同じパターンで着こなすのではなく、いつもと違う服と合わせてみましょう。

目標は1着につき5パターン。
「仕事」「デート」などのシチュエーション別や、「フォーマル」「カジュアル」などの印象別に、コーディネートを考えてみましょう。
できれば、それを写真に撮っておくと、あとで迷った時にパッと見て選べるので、とっても便利です。

2.アクセや髪型でイメチェン

816-73
人の第一印象は胸より上。つまり顔のメイクや頭の髪型、首元のネックレス、耳のピアス。これらを変えるだけで、同じ服でも違う服を着ているような雰囲気になります。

ピアスやネックレスは持っていない、という人は髪型を変えてみましょう。
普段髪の毛を下ろしている人は束ねてアップにしてみたり、普段前髪がある人は横に流してみたり、お金のかからない範囲でイメチェンしてみましょう。
小物や髪型ひとつで、全体の印象はガラッと変わりますよ!

3.インナーを活用する

節約 コーディネート 着回し 60年代
普段は隠しているインナーですが、最近ではかわいらしいブラトップなど、いわゆる「みせ下着」も多く出ています。

一枚だけでは抵抗がある方もその上にシャツやカーディガンを羽織れば安心です。
ポイントは、フロントを大胆に開けること。
チラ見せなら、胸が透ける心配もありません。
ただの下着はもう卒業して、コーディネートに使えるトップスに仲間入りです。

4.手持ちの小物でワンランクアップ

節約 コーディネート 着回し 60年代
最近あまり使っていない靴・バッグ・スカーフ・帽子などは眠っていませんか?
「流行はらせん状に回る」と言われており、今年で言えば60年代風がトレンドです!
使えないと思っていた昔の洋服や小物を使うことで、トレンドを抑え、オシャレへの近道が見えてきます。

ただし、すべて昔の服でコーディネートすると古く見えてしまうので、1点だけ取り入れるのがベストです。

スカーフがあれば色々使えますよ!
鞄に縛り付けてみたり、首元に巻いてみたり。
広げてトップスの上に羽織ってベルトで止めれば、上着風にもなります。

おわりに

節約 コーディネート 着回し 60年代
いかがでしたか?実行出来そうなものがあれば、今すぐコーディネート開始!
ほんの少し見方を変えるだけで、見慣れたはずの洋服が新たな魅力を持ち始めます。意外な服同志を組み合わせることで、着回しの幅が広がるのもまた楽しいもの。

お金をかけずにコーディネートを楽しめる人が、ほんとにオシャレな人なんですね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet