美容費を大幅カット|生活習慣を見直して「キレイ」と「健康」をゲットする技を大公開!

はじめに

女性にとって可愛い・キレイ・美しいは、必要不可欠な要素ですよね。
美容にかける意欲や費用は、お金に計算しがたい価値さえある気がします。
だからといって、むやみにお金だけをかける美容でよいでしょうか?

キレイ・美容・節約・健康・シンプル

毎月にかかる「美容費」はいくら?

とあるアンケート結果によると、独身女性の1ヶ月にかかる美容費は1万円~3万円前後だそうです。

bikuri

本当に必要か見極めよう

高級化粧品、高級エステ、高級美顔品などなど、美容にかかる費用は上を見るときりがありませんよね。

キレイ・美容・節約・健康・シンプル

美容費を節約する技 5選

1.化粧品を見直そう

肌の綺麗な人が皆高い化粧品を使っているかというと、意外と違う物ですよね。
有名ブランドの商品は、広告費やパッケージなどにコストがかかり本来の化粧品の成分より高い価格設定になっているものが多いのが現実です。
どうしてもあこがれの化粧品が惜しい場合は、まずサンプルを試してから買う癖をつけたり、化粧品の成分を自分なりに勉強して手作りするのもよい方法です。

キレイ・美容・節約・健康・シンプル

2.化粧品の使い方を見直そう

高級な化粧品であっても、ストレスのある環境でタイミングがずれた状況で
つけるのであれば意味がありません。
リラックスできる環境をつくり、洗顔や入浴後30秒以内にローションや乳液で保湿
することが理想的でよい肌づくりへの近道です。

キレイ・美容・節約・健康・シンプル

3.体の内側から美しくなろう

バランスのよい食事を心がけていますか?
サプリメントに頼る方法も、もちろんよいですがバランスのよい食事を「よくかんで、味わう」ことで満腹感がえられます。
バランスのよい食事を心がけることは、外食がおうちでの手作り食にシフトすることにつながります。
結果、「美容費」と「食費」をともに節約することが可能ですね。

キレイ・美容・節約・健康・シンプル

4.基礎代謝をアップしよう

毎日、どのくらい体を動かしていますか?
何も特別なことをする必要はありません。たとえば、いつも電車やバスや車を使うところを「歩く」だけでも充分運動量をアップすることができますよ。
結果、交通費を削減し適度な運動が必然的にできます。

キレイ・美容・節約・健康・シンプル

5.よい睡眠がとれるよう心がけよう

適度な運動を心がけバランスのよい食事をとる習慣ができると、自然に「よい眠り」につけるようになります。
よい眠りは、ストレスをためにくい体をつくりますよね。
結果、綺麗な肌を作ることができ一石二鳥です。

キレイ・美容・節約・健康・シンプル

おわりに

お金をかけずシンプルな生活を心がけることが、美容費を節約しその上に「健康」と「美しさ」を手に入れる一番の近道かもしれません。
節約もできて、「健康」まで手に入れることができる。すばらしいですね。
早速できることからチャレンジしてみませんか?

キレイ・美容・節約・健康・シンプル