ガス代節約|お鍋やパン生地発酵などに大活躍のガス代節約術とは?

この記事の所要時間: 358

今回は、あるものを利用したガス代節約方法をご紹介します!
お鍋料理、1回に掛かるガス代は20円くらいではないでしょうか。
強火、中火、弱火にかかる一時間当たりのガス代をご存知ですか?
このガス代節約術は、お鍋以外の料理にも使えます。

お鍋のガス代

はじめに

最近寒くなってきましたね。
冬が好きな人、嫌いな人いるかと思います。
寒いと何かと食べたくなるのが、お鍋ではないですか?
しかし、具材のお野菜などの価格高騰の影響を受けて、「家庭でのお鍋も考えもの」になってしまうのは残念です。
そこで、少しでも節約に繋げられるのが、ガス代、電気代では無いでしょうか?
是非、今回のガス代節約術を活用してみて下さい!

ガス代の目安

ガス代節約

鍋だとガスコンロを使う時間も増えて、光熱費が気になってしまいますよね。
東京ガスが公表しているガス代は以下の通りです。
*地域やガス会社、契約内容、温度・気圧等で変わるので、目安として捉えて下さい。
1時間コンロを使い続けた時の値段を表示しています。

強火・・・約32円
中火・・・約18円
弱火・・・約4円

詳細はこちら

今回のガス代節約に使うあるものとは・・・

勘の良い人は、わかったかもしれません。
今回のガス代節約術に使うものは、そうです、発泡スチロールです。

ガス代節約術

発泡スチロールに加えて、バスタオルなど、包むものがあれば、なお良いです。
この2つさえ、用意できれば、ガス代節約へと繋がります。
簡単・お手軽・お得ということで、気が楽になるのではないでしょうか。
まずは、鍋の中のものに火を通しましょう。
煮立ったのを見計らって、バスタオルにくるんで、発泡スチロールの中に入れましょう!
あとは、30分程待つだけです。
発泡スチロールは保温効果に優れているので、このまましばらくは中火の状態が続くのではないでしょうか。
本来であれば、中火まではいかないまでも、火は付けたままでしたよね。
吹きこぼれないように様子を確認する手間も省けるので時間の節約もできますね!違う作業だって出来てしまいます。
出来上がるまで、台所の電気も消してしまえば、電気代の節約にも!
発泡スチロールを使ったガス代節約術は、もはや、ガス代節約だけにはとどまりませんね!

是非、是非、試して見て下さい!

そのほかにも。。。

煮物や、スープ、シチューやカレーなど活用方法は沢山あります。
自分で色々試してみるのも面白いかもしれませんね。

最後にもう一つ。
発泡スチロールは、パンやピザなどの生地を発酵させる際にも便利で、電気代などの節約につながります。
電子レンジを数十分使う方もいらっしゃるのではないでしょうか?それでは、電気代が勿体無いですよね。
お湯を入れたコップと一緒に発泡スチロールに封印しちゃって下さい。
電子レンジと同じ効果を得ることが出来ます。
発泡スチロールは、高い保湿性も兼ね揃えているのです!
ガス代節約以外にも、電気代節約にも繋がるのは、良いですね。

節約に興味がおありなら

家計簿をつけることで、家庭のお金の流れを把握することが出来ます。「先月の光熱費はいくらだった」「食費はいくらだった」「先月で、一番大きかった出費はいくらだろう」「来月に回せるお金はいくら残るだろうか」と言った様なものが一瞬で把握出来たら、便利ではないですか?

家計簿が続かない人へ

いちいち、自分で入力するのは手間がかかりますよね。そんなに時間も掛けたくない気持ちはわかります。
今、レシートを送るだけで、グラフ等を表示してくれるサービスが登場しているのをご存知ですか?
「でも、機械だから誤認識あるでしょ?」
精度は97%を超えるものが多く出ているものの、確かに間違いはあります。
そこで、人にやってもらえるサービスがあるんです。
しかも、無料です。
個人情報が流れるから心配だという声もありますよね。
個人情報と入力してくれる人は切り離すため、漏洩の心配が全くないサービスがあるんです。
それが、まさかの人力家計簿Dr.Walletです。
詳しくは、当サイトに掲載してあるバナーをクリックして頂ければ、詳しいサービス概要を見ることが出来ます。
現在では、様々なメディアで取り上げられ、女性の方に多くご利用頂いております。
是非、一度ご利用頂けると、幸いです。

本サイトについて

本サイトでは、今後もガス代節約術のような節約情報やお金に関する面白い話、お得情報を掲載していきます。
無料家計簿アプリDr.Walletと本サイトの応援をこれからも宜しくお願い致します。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet