ペットと楽しく暮らす節約ライフ

この記事の所要時間: 242

はじめに

ペット 節約 100均
私たちの暮らしに癒しを与えてくれるペットですが、経済的な負担がかかるのも事実です。
必要なモノを揃えたり、日々のドッグフード、病院代…と、一人前の人間と同じくらい費用がかかる場合もあるでしょう。

しかしペットは大事な家族の一員です。大切に育ててあげたいですよね。
今回は節約しながら楽しくペットライフを送れる方法をいくつかご紹介しますので、是非参考にしてみて下さいね。

ペッドのご飯は愛情たっぷりの手作りご飯で

ペット 節約 100均
ドッグフードやキャットフードの値段はピンキリですが、中には美味しさだけを求めて栄養面や健康面で良くないフードもあるので気を付けたい所です。

その点、手作りご飯は安全でコストパフォーマンスも良く、節約にもつながります。
ネギ類や甲殻類など基本的に食べてはいけないモノを除いては害はないので、その日に食べる食材をペット用に少し取っておいて、ご飯や麺類と一緒に煮込めば手作りご飯の完成です。
味付けは特にいりません。食べない場合はオリーブオイルやごま油で風味付けすると良いですよ。

オモチャ・食器類などはあるモノで代用

ペット 節約 100均
ペットショップに行くと、ついついペット用の可愛いオモチャや洋服、食器などを買ってしまいますが、それは節約の敵です。

オモチャ
すぐに飽きてしまう事が多いので、家にあるモノで充分代用できますよ。
例えば子供が小さい時に使っていたオモチャや、要らなくなった靴下、タオルでも充分喜びます。
要は飼い主と一緒に遊ぶ事、それがペットにとって一番なのです。
洋服
洋服が必要な犬種も中にはいますが、基本的には毛皮を着ているので必要ないですよね。
どうしても着せたい場合は、要らなくなった洋服やタオルなどをリメイクすると節約できます。
食器は家にあるグラタン皿や重めのボウルで代用できます。
ウェットシートは赤ちゃんのおしりふきをまとめ買いすれば安く済みますよ。

ペットグッズも100均を有効利用して節約!

ペット 節約 100均
ペット用のオモチャや食器はもちろんですが、それ以外の100均商品もペット用として代用できるモノが沢山あります。

クッションやキッチンマットはベッド代わりになりますし、すのこやアウトドア用の網はペットシートの下に置くと便利です。

布製の書類袋にアイスノンをタオルで巻いたモノを入れてゲージ内に置いておけば、熱中症対策にもなりますし、カラフルなパーテーションを組み合わせて侵入防止対策もできます。

ワンちゃんの腰を痛めないように、プランタースタンドにボウルをはめて水入れにするのもおすすめです。

最近の100均は可愛い商品が揃っていますし、何よりも壊された時の痛手が少ないのがメリットです。もちろん節約面でも大活躍ですね。

おわりに

ペット 節約 100均
ペット保険の認識はまだまだ薄いので、人間と違ってペットは保険がきかない場合が多いですが、病院代やお薬代だけは節約する訳にはいきません。
ならばそれ以外で節約して、飼い主にもペットにも負担のかからない楽しいペットライフを送りましょう。

詳しくは前記事「財布にも可愛い我が子にも優しく! ペットにかかる費用を節約するポイント」をご覧下さい。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet