お金をかけずにキレイになれる!良い事づくめの”お風呂で歯磨き”を習慣にしよう

この記事の所要時間: 248

はじめに

歯磨きする女性

健康な歯を守るために欠かせない、毎日の”歯磨き”。

入浴中に行うと、歯はもちろん美容にも嬉しい効果があるということを、皆さんは知っていましたか?

入浴中は歯の汚れが落ちやすい!

歯磨き粉

入浴で身体が温まることによって、血液やリンパの流れが良くなります。
このように新陳代謝が活発な状態で歯を磨くと歯の汚れが落ちやすく、歯茎のマッサージ効果も上がります。

いい歯磨きのポイントは、長い時間をかけて力を入れすぎないことです。

普段、歯磨きにあまり時間をかけないという方は、ぜひ湯船に浸かりながら1本ずつ丁寧に磨いてみてください。

お風呂にもゆっくり入れるので、冷え性の改善やコリや疲れの解消、さらには免疫力UPなどの効果も得られます。

お風呂に浸かると出る”良い唾液”って?

歯磨き お風呂 節約 入浴

私達人間には「自律神経」とよばれるものがあり、体を活発に活動させる時に働く「交感神経 」と、体がゆったりとしている時に働く「副交感神経」に分かれています。

のんびりお風呂に入っていると、一日の疲れが癒えてリラックスした気分になりますね。
このような副交感神経が優位の状態の時に、歯磨きで口腔内を刺激することで、”良い唾液”が出やすくなります。

この”良い唾液”は、虫歯や歯周病、口臭などの予防に役立つのはもちろんのこと、なんと若返りのホルモンまで分泌されやすくなるのだとか!

女性に嬉しすぎる!若返りホルモンのチカラ

歯磨き お風呂 節約 入浴

この若返りホルモンは「パロチン」といって、唾液に含まれる成長ホルモンの一種です。
パロチンには骨や歯の再石灰化を助けたり、肌の新陳代謝を活発にしてシミ・シワなどを防いだりと、身体中を若返らせる効果があります。

また、壊れた組織を修復する作用もあり、白内障や皮膚病などの治療薬としても用いられており、その効果は各方面で高く評価されているといえます。

歯磨き お風呂 節約 入浴

赤ちゃんがよくサラサラとしたヨダレを出していますが、これはパロチンの分泌が盛んという証拠。
確かに赤ちゃんの肌はツルツル・スベスベですよね。

しかしパロチンはストレスなどの影響を受けやすく、また20歳を過ぎたあたりから徐々に減少していってしまいます。

そこで、湯船に浸かってリラックスしながら口の中を刺激して、良い唾液がたくさん出るように仕向けるというわけです。

忙しい時こそお風呂で歯磨き!

歯磨き お風呂 節約 入浴

調査サイト「リサーチバンク」が行った調査によると、約半数の回答者が「一回の歯磨き時間の平均は3分未満」と答えたそうです。

3分というと短いように思いますが、洗面所に立ってただ歯を磨くだけの時間は、意外に長く感じるもの。
ついつい磨き方も雑になりがちです。

入浴と同時の歯磨きなら、時間潰しになるのでゆっくり丁寧に磨けますし、忙しい時には時間短縮にもなります。

リンスやトリートメントを浸透させる時間なども有効活用できそうですね。

おわりに

歯磨き お風呂 節約 入浴

いつまでも若々しく、美しくありたいという思いはあれど、節約中には美容にかかるお金も気になるところ。

こんな方法なら特別なお金も時間もかけることなく、毎日続けていけそうですね。

良い事づくめの”お風呂で歯磨き”、今日から習慣にしてみませんか?

参照元参照元

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet