衣食住の食!なるべく自炊することで、食費は抑えられるゾ!

この記事の所要時間: 214

a0002_010301_m

はじめに

 生活上で最もお金がかかるものといえば、衣食住ですが、今回はその食生活上での知識と工夫から大きな節約をご紹介したいと思います。あくまで思考実験ですが、考え方のトレーニングになるのではないかと思います。

1日あたりの食費で計算しよう

 家庭生活に馴染んでいる状態では食費の管理は行えない場合が多いので、自分がいったい一日いくらの食費で生活しているのかを計算してみましょう。

例えば買ってくる飲料水や食材などから計算すると分かりやすいと思います。受け取ったレシートを見てこのお茶のペットボトルは他店より15円も安いとか、人参がいつもより20円も安く買えたなどといった観察力がとても大切です。

これを基準にすると、1日の食費でいくら使っているか分かることになります。

1日500円の目標を達成しよう

 1日あたり1,000円以上というのは主に一般の食生活を営んでいる人の金額です。
だいたい1日900円を意識しても1食分が300円の生活ですから、1日500円となると、
ダイエットのようにすぐに達成させることは非常に困難なはずです。
ところが「料理」や「冷凍食品」といった知識から1日500円の生活も可能なのです。

どうしたら安く抑えられるか?

 まず日本の伝統的な食材として「お米」があります。これは、5kgや10kgで販売されていることが多く、量が多いほどお得です。

10kgでいくらかといえば、北海道産のきららでも3,500円程度です。約1合炊けば1人分になりますから、1食分のご飯で35円でまかなえます。
これに単価の優等生として知られる卵を加えて醤油などをかけて食べれば、1日500円の目標はクリアできます。なお飲み物はお水かお茶という前提です。

外食はせず自分で料理しよう

 今の外食産業では格安を売りにしているチェーン店などいくつもありますが、本来なら自分で料理してしまえばそちらのほうがはるかに格安です。

ただし、料理が初めてで難しいという人には冷凍食品という手段もあります。こちらは冷凍餃子や冷凍ラーメンなどを若干の手作業で解凍するものです。
冷凍餃子は味の素冷凍食品がオススメで、こちらは12個入りで350円程です。外食すると1個50円はしますから、半額程度の価格に抑えられます。

終わりに

 食費は一般の家庭では1人3万円の予算で組まれていることが多いですが、今回のように1日500円の予算であれば月々1万5,000円分もの節約になります。
たまには息抜きに焼き肉を食べにいっても全く問題ないくらい大きな節約だと思います。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet