負担増社会に耐えるために|まだ間に合う!悪癖を改めて強靱な家計管理ができる力をつける技とは

はじめに

家計管理は、休みなく毎日続けていくことが大切です。
消費税は、5%から8%に引き上げられ2015年10月からは10%に再度引き上げられる予定です。
消費税だけではなく、社会保険、所得税、住民税も上昇傾向が続いています。
そのため、健全に家計を管理していくには厳しい環境が続いています。

家計簿 家計管理 健康管理 負担増社会

家計簿 家計管理 健康管理 負担増社会
出典

健全な家計管理を目指すには?

負担増社会を耐え抜くためには、今から健全な家計管理ができるよう
家計の悪い癖を改善しておかねばなりません。

家計簿 家計管理 健康管理 負担増社会

収入をいかにアップし、支出をダウンするか?

収入を安定的に確保=アップするには、いかに長く働くか?が重要になってきます。
長生きすることは本来喜ぶべきことですが、エブリデーサンデーな毎日を年金を切り崩しながら生活するのか?それともリタイア年齢後もできる仕事しながらコツコツ稼ぎながら生活するのかでは、大きく違ってきます。

また、支出をダウンするためには、何を買うか?この買い物は必要か?
正しいお金の使い方かを見極める力を養うことが大切です。

家計簿 家計管理 健康管理 負担増社会

日々の地道な心がけが重要

癖は、よいものも悪い物も一朝一夕には変わりません。
家計管理は、健康管理に近い物が有り「正しいお金の使い方」は「ただし食事の摂り方」に共通する物があります。
スーパーの惣菜やコンビニ弁当・インスタントラーメンなどは、一時的に空腹感を満たすことができてもただそれだけです。
当然、価格も手作りの料理より割高になります。
日々の生活を丁寧に心豊かに送ることこそが、負担贈社会を耐え抜く健康な家計を築きます。

おわりに

お金の使い方は、時間の使い方=命の使い方に共通する部分がありますね。
限られたお金をどのように使うか?自分や周りの人々が幸せになり心から豊かになるためにはどうしたらいいか?
週に1回、難しい場合は月に1回でいいので、家計簿またはレシートをひとつひとつチェックして振り返る癖を今からつけておきたいですね。

その際には、レシートを取るだけで家計簿が完成するDr.Walletがオススメです!

家計簿 家計管理 健康管理 負担増社会

参照元
参照元
参照元