パソコンの設定に秘める節約術を最大限引き出そう!

この記事の所要時間: 22

a0001_001906_m

はじめに

 身近にあるパソコンは今やかなり高機能な設計のものが多いです。お使いのパソコンが設定一つでより使いやすくかつ省エネになるように、アドバイスをしてみたいと思います。

パソコンの画面の省エネ

 パソコンを購入した時点での画面設計では、多くの場合デフォルトでハイコントラスト設計になっています。つまり、元々の状態での画面の明るさが明るすぎる設計になっているのです。したがって、ノートパソコンの場合は、Windows7であれば「コントロールパネル」から「ディスプレイ」の項目を選択することによって明るさを40-45%程度を目安に変更してみましょう。

また、デスクトップ型の場合はディスプレイの解像度を変更するボタンから、明るさや電力量などの調節が可能です。

画面の背景を黒色にしよう

 現代ではプログラマのような机に向かったままの仕事に就く人は、目の保養を考えて画面もソフトも背景を「黒」に設定している人が多いです。
これは目の保養だけでなく、画面を表示させるための電力の節約にもなります。

携帯電話やタブレットでの節電

 最近はスマートフォンを含めて様々な持ち運び型の端末が増えてきました。多くの場面で通信を行うことが考えられますが、よくありがちな例として、無線やWi-Fiの設定を常時ONにしていたり、寝ている時にも電源をONにするケースです。このような場合、機械本体が常時通信相手を探しているためOFFにすることで、無駄な電力を省くことができます。

ショートカットキーを使いこなそう

 現代のパソコンはGUIとよばれる視覚的な操作ができる事が大きな特徴ですが、いわゆるショートカットとよばれるものを使うとキーボード操作でボタンを選択したり、様々な機能に素早くアクセスできるようになります。特に便利な機能としてはCtrlキーと「F」キーとの併用でページ内の検索ができたり、「P」キーとの併用でワンタッチ印刷ができたりすることです。コピーの時はCtrlキーと「C」キー。ペーストの時はCtrlキーと「V」キーです。他にも色々あるので試してみてくださいネ!

終わりに

 便利の象徴とも言えるパソコンですが、そのパソコンの設定を使いこなすことで、節約に大きく貢献することになります。また今後増えつつあるスマホやタブレットでも節約のために今からでも知識を蓄えておきましょう。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet