家計簿を付けて脳をブラッシュアップ!Excel家計簿も良いですが…無料でも

この記事の所要時間: 237

excel01

はじめに

 家計簿を付けるのは家内の仕事と思っていませんか?
実は今の時代Excelといったパソコンの表計算ソフトやスマホのアプリを用いて、自ら自在に家計簿を付けることが出来ます。また、不思議と家計簿を付けることで「節約」が目に見える形になるため、家計簿を付けること自体が節約術になります。

家計簿をつけよう

 節約する上で家計簿は必須アイテムです。もし家計簿がないとしたら知らない間に、「今月あとこれくらいしか残ってないよ」なんてことはありませんか?

たいていの節約家は家計簿をつけています。もし家計簿を付けたことがない人はメモ帳に使ったお金の金額と内訳を箇条書きにしてみるだけでも節約に繋がりますので、早速実践してみましょう。

もちろん、家計簿アプリでしたら最も入力が簡単な家計簿であるドクターウォレットがオススメです「ドクターウォレット

家計簿を付ける前に

 単にメモ帳に買った品物と金額を記入するだけでは、後々計算が大変になります。そのため、Excelのような表計算ソフトがあると便利です。ちなみに、Excelは有料で、1-2万円程度かかります。もしこれが勿体無いようでしたら、LibreOfficeやOpenOfficeといった無償で利用できるソフトもあるのでこちらもオススメです。またアプリであればSpreadsheetといったアプリが1,500円以内で手に入ります。

家計簿アプリでしたら最も入力が簡単な家計簿であるドクターウォレットがオススメです「ドクターウォレット

家計簿の付け方とコツ

 Excelを用いて家計簿をつける場合には、テンプレートをダウンロードする方法もありますが計算方法を自分に適したものにしたい場合は自分で作成したほうが良いです。その際に段組を付ける場合には太枠、太字を利用したり、セルの書式設定で赤字ならば、赤色に設定する書式を設定しておくと見た目がよくなります。さらに、行を単調に重ねるよりも個人のもの、税金関係、光熱費に出費を大別し、最後に収入と支出を計算するほうが、よりスマートに見えるかもしれません。

その手間を掛けたくない人は家計簿アプリでしたら最も入力が簡単な家計簿であるドクターウォレットがオススメです「ドクターウォレット

家計簿を付けないとどうなるか

 家計簿を付けない人は知らず知らずのうちにお金にルーズになる傾向があります。これは、クレジットカードを利用したことがある人なら理解されることでしょう。

何の手間もかからないため思わず奮発してしまいそれがエスカレートしていきます。結局この金銭感覚はすぐにはなおすことができず支出が限界に達すると自らの意志で家計簿を付けようとするケースが多いようです。

終わりに

 家計簿というと言い方が古めかしいかもしれませんが、国会の予算案のようなものも一種の家計簿と同じです。したがって、予算を的確に定める必要はありませんが、家計簿を付けることによって、自分が毎月どれだけ節約できたかを確認することに一役買うことは間違いありません。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet