「運」を味方に付けよう!家の環境も金運もよくなる「風水」技

この記事の所要時間: 314

はじめに

風水 金運

日々底値を求めて走り回り、家計簿を眺めてはため息をつく…。消費税増から2か月半、生活に関する支出がじわじわと増え家計を圧迫していませんか?
「節約しようにもどこを削れば…」という方も増えているのではないでしょうか。

すっきり解決法とは

収入を増やそうと思っても、そう簡単にはいきません。
それならせめて、今あるお金を無駄に使わないようにして過ごす「クセ」をつけましょう。ついでに、すこしでもお金に関する「運」がついてきたらうれしいですね。

そんなことを意識しはじめたときに、ちょっと気になるのが「風水」です。

風水は眉唾?科学??

風水 金運
風水の発祥は古代中国。
もともとは「気の流れをモノの位置でコントロールする」という考え方で、古代の都や建物、住まいやお墓の位置の良し悪しを決定するために使われていました。

そして時は流れて独自の発展を遂げた結果、今の日本で広く行われている「風水」は、「開運のための環境学」という意味合いが強いように思われます。

運は環境で決まる

信じる・信じないは人それぞれですが、「気持ちよい生活のため、日々の行動の心がけ」といったくらいのつもりで意識してみると、意外と気持ちがスッキリするものですよ。

節約のため、お金のためというなら、身につけたいのはもちろん「金運」ですね。
今回は身近なところでお金をかけずに取り組める開運のコツをご紹介します。

風水を実践してみよう

風水 金運

1)玄関

たたきに出す靴はひとりにつき1足と決め、きちんとそろえて置きましょう。
残りは靴箱にしまいます。片付けば掃除もしやすくなります。

余裕があれば、マットを敷き、絵や花などを飾ったりして、明るい雰囲気に保ちましょう。

2)リビングルーム

たとえものが多くても、できるだけ整理整頓を心がけましょう。
貯蓄に関する運が開くと言われています。

3) トイレ・浴室

使用後はフタを閉めましょう。
トイレはマットを敷き、スリッパを用意して、清潔な雰囲気を保つのが○。
浴室も同様にこまめな換気と掃除を心がけます。

あなた自身が毎日お風呂に入り清潔を保つことも、良い運に好かれる体質になるためにとても大切なことです。

4) キッチン

キッチンは消費することを意味する場所です。その場所に財布を置いておくのは浪費癖につながると言われています。

また、冷蔵庫の前ドアをマグネットとメモ類でふさいでしまうのも金運にはよくありません。
必要なものは移動し、残りはすっきりと処分しましょう。

5) 寝室

鏡は寝姿が映らない位置に置きましょう。
金運には北枕が良いとされていますが、無理な場合は今のままでも大丈夫。

眠る場所、向きをコロコロ変えるのは逆効果です。

各部屋とも、掃除や換気に気を配り、明るく手入れされた雰囲気を保ちましょう。
完璧を目指す必要はありません。きれいに保つこころがけが重要です。

おわりに

風水 金運
お金に意識を向けて大切に思う。それは金運を得るためにもとても良いことだそうです。

金運には長財布が良い、ボロボロの財布は使わない、などお金の居心地をよくしてあげるという考え方もあるようです。

もちろん、レシートや領収書でパンパンの財布はNGですね!
家計簿アプリを使って、溜め込まないうちにデータ化してしまいましょう!

いかがでしたでしょうか?
色々と調べていくと「どうしてそうなったの?」なものにも出くわす風水ワールド。
しかし宝くじを的中された方や世の大金持ちの中には、これらを忠実に守って生活している方もいらっしゃるそうですよ。

こまめでこぎれいな生活の「クセ」をつけて困ることはありません。
たった今からできるちょっとした心がけで、金運生活の第一歩を踏み出しましょう!

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet