誰でもできる!生活を変えずに電気代を節約する方法

この記事の所要時間: 250

はじめに

電気代 節約 LED 照明 待機電力
節電意識が高まっている今日この頃。エコに生活することは、節約にも繋がります。
でも、色んなところで「ガマン!」を強いられては、なかなか節電は続きませんよね。

そこで今回は、今の生活を変えずに電気代を楽に節約する方法をご紹介します。

ワット数を確認しよう

電気代 節約 LED 照明 待機電力
皆さんのご家庭は、「何ワット」で契約されていますか?
部屋数や広さ、家電の数によって契約ワット数も様々だと思いますが、このワット数はギリギリで設定することをオススメします。
なぜなら、熱源を一度に使うなど電気を使いすぎている場合「ブレーカーが落ちる」ことで、誰でも使いすぎに気がつくことができ、そのことによって節電意識が高まるからです。

ただし、電源が落ちてはいけないものが部屋、機器がある場合は注意が必要です。電力会社などに相談し、自分の家には何ワットが最適かをご確認下さい。

照明で節約する方法

電気代 節約 LED 照明 待機電力
節電を思い浮かべた時、誰もが頭に浮かぶのが「照明」ですよね。この照明で、節電する方法をご紹介します。

照明については「照明にかかる電気代を節約する、4つの技で部屋も家計も明るく!」も合わせてご覧下さい。

LED照明に買い替える

最近では、様々なところでLED電球が使用されるようになってきました。家庭用の電球などもLED照明が主流となりつつありますね。
普通の電球に比べると、1個あたりの単価は高額になりますが、ラーニングコストを考えますと、やはり買い替えが少なくてすむこと、電気代が抑えられる点で優れています。

掃除で節電

お金が掛からず、誰でもできる節電方法に「掃除」があります。意外だと思われるかもしれませんが、照明の「かさ」に汚れが溜まっていると、明るさが極端に低下するのです!

特に汚れがたまりやすいキッチンやダイニングなどのかさをお手入れしてみて下さい。明るさがグンと上がり生活しやすくなります。

待機電力をカット

電気代 節約 LED 照明 待機電力
コンセントを入れているだけで消費してしまう待機電力。これを見直さない手はありません!年間を通じて家庭で消費される待機時消費電力はなんと、約6%を占めるとも言われています。
具体的には以下のようにして対策をします。

1. こまめに主電源を切る

これは、基本です。しかし、コンセントの抜き差しは意外に面倒なもの。そんなあなたにはこちらがオススメです!

2. スイッチ付きのタップを使う

スイッチタイプのタップであれば、コンセントは1箇所のみでスイッチのON,OFFが可能です。コンセントの抜き差しよりもはるかに手軽なので節電意識が高まります。

3. 待機電力を減らしてくれる機能を使う

電気機器には、待機電力を減らすための機能が備えられているものが多くあります。例えば、ビデオデッキには「表示OFF機能」、その他の機器にもオートOFF機能などがある場合があります。取り扱い説明書などを読み、節電機能を見つけてみるのも楽しいですよ!

待機電力については前記事「あの家電の待機電力費はいくら?|テレビやパソコン、ゲーム機など」をご覧ください。

おわりに

電気代 節約 LED 照明 待機電力
いかがでしたでしょうか?
特に生活を変えなくても、ワット数を見直す、今ある家電の機能を使ったり、掃除をするなど何かを買い足すことなく節電できる方法もあります。
「ガマン!」し過ぎず楽しく節電してくださいね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet