この日さえ守れば貯金もラクラク!?我が家のお給料日3つのルール

この記事の所要時間: 149

はじめに

給料日 貯金
毎月一度訪れる「お給料日」。みなさんはこの日のルールを決めていますか?
お給料日に守るべきルールを決めておくだけで、「貯金」って意外とラクラクできるんです。
今回は、なかなか貯金ができずお悩みの方へ、我が家の「給料日ルール」をご紹介したいと思います。

1,給料日以外はお金を下ろさない

給料日 貯金
一ヶ月の予算を決めて、この日にすべて下ろしてしまいましょう。そして一ヶ月、その中でやりとりすることを徹底すれば、面倒な家計簿も不要です。

2,毎月定額をこの日に貯金する

給料日 貯金
貯金の決め手は、みなさんもご存知かと思いますが「先取り定額貯金」です。
今月は3万円貯金しとこうかな〜、今月は無理そうだな〜、なんて、毎月の貯金額を気分で決めていませんか?人はズルズルと流され易いもの。

一度貯金額を減らしたり、貯金しなかったりすると、そのままだらだら貯金しない生活をしてしまいます。毎月の「先取り定額貯金」を徹底しましょう。

3,「+α」少しでも貯蓄用口座へ追加入金する

給料日 貯金
口座に余裕のある給料日。心にも余裕のあるこの日に、思い切って「毎月の貯金額+α」を貯金口座へ入金しちゃいましょう。三千円でも五千円でも良いと思います。余裕が無い月はしなくても構いません。
例えば、毎月三千円入れるだけでも、10年続ければ36万円!ちりも積もればなんとやらです。

番外編

給料日 貯金
普段の生活の中で、貯蓄口座を持っている銀行のATMの前を通りかかったら、手持ちの小銭を入金するようにしてみましょう。
お買い物中、お散歩中、待ち合わせの合間など、3分もあれば入金できます。数百円入れるだけで、千の位、万の位の桁がひとつ上がるかもしれません。そうすれば貯金に対するモチベーションもあがりますよね。
少しずつ増えていく貯金口座を見るのがきっと楽しくなるはずです。

おわりに

給料日 貯金
以上、お給料日に意識すべき3つのルールでした。この日一日だけ意識すれば、きっと貯金は成功します。
当たり前のことではありますが、貯金はほんの少しの意識で成功も失敗もするものです。
ぜひ一度試してみてくださいね!

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet