家事の時給はいくらになる?? 小学生未満の育児が1180円!?

この記事の所要時間: 214

Screen Shot 2013-11-20 at 10.30.11 AM

いつも忙しい母や父を目にして成長してきた方は多くいらっしゃるはずです。その中でも家事に今回は注目してお話をしたいと思います。
家事自体を金額換算したらいくらになるのでしょうか。

前回の無償労働を金額換算する記事で紹介させて頂いた通り、1年間の家事を金額換算すると、およそ87兆円に値します。
また、お買い物に関しては、約27兆円。
これら2つを合計して、約114兆円。

炊事、掃除や育児と家事には終わりがありませんが、それを時給換算したものを、ソニー生命保険が公表しました。
この調査では、あくまでアンケート対象となった主婦たちが、自分たちの労力に対して自己採点したものです。対象年齢は20歳から69歳です。

一番高いのが、「未就学児の育児・世話」で1180円。
続いて、
小学生以上の子どもの育児・世話・・・997円
食事の準備・後片付け・・・942円
掃除・・・847円
洗濯・・・847円
お買い物・・・778円
地域社会での貢献・・・761円

また、大阪ガスも同様な調査を行っており、そこでは、

料理に対する妥当な時給・・・1139円

となっていました。

終わりのないこの重労働ですが、その家事を他人に委託するサービスがあることをみなさんはご存知でしたでしょうか。
しかし、このサービスはとても気軽に頼める料金ではありません。

家事代行

家事全般のお願いをするとしたら、およそその時給は3300円です。
一日にかける家事の時間はおよそ4.2時間(大阪ガス)ですので、お願いをした場合、その料金は、約13860円。
他人にお願いすると、これだけのお金が発生するのです。
考えてみてください。
家事には休みはありませんよね。
その金額を1年間の365日で掛けてみてください。
365✕13860円≒506万円
それだけのお金が掛かるはずのものをお母さんやお父さんは無償でしているのです。

大変なことですね。
読者のみなさまの中に学生や実家で暮らしている方がいらっしゃったら、積極的にお手伝いしてあげましょう。
また、主婦(主夫)のみなさんは、自分の家事労働を時給換算するといくらになると考えますか。
Facebookなどでシェアしてコメントを頂けると幸いです。

無料家計簿アプリDr.Walletはあなたの家計の収支を見やすくグラフで提示します。是非、一度ご利用下さい!
また、本サイトでは、これからも節約情報や、お金に関する情報を流していきます。
本サイト、無料家計簿アプリDr.Walletの応援を宜しくお願い致します。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet