これだけはやっておこう!食費を楽に節約する方法

はじめに

食費 節約
消費税が増税されましたが、節約をしたい!と思った時にまず思い浮かぶのが食費ではないでしょうか?
水道光熱費や、保険料などに比べ、すぐにでも実行でき効果を実感できるのが嬉しいところですよね。

そこで今回は、楽に効果が出やすい食費の節約についてご紹介します。

買い物はまとめ買いで

食費 節約
買い物に行くと、ついついその日の特売商品やすぐには必要のないもの、その時食べたいものなどを買ってしまいませんか?しかしそれこそが無駄の始まり。
買い物の回数を減らすことで、グッと食費の出費が減るというのは良く知られています。まずは、週に1~2回の買い物回数にまとめてしまいましょう。
これによって、無駄が減るだけでなく、買い物をする労力もカットでき一石二鳥です。

3~5日分の献立を考えておく

食費 節約
献立を1日単位で考えていると、毎日買い物が必要になったり、足りないものを買い足したくなりますよね。
しかし、3日~5日分の献立をあらかじめ決めておけば、1度の買い物で済み、その上献立を毎日考える手間が省けます。こうすることで、必要な材料も明確になり買い過ぎを防ぐことができるのです。

1週間は大変でも、3~5日ならば得意料理や家族が好きな献立を考えることですぐに思い浮かぶものです。

1週間の食費予算を決める

食費 節約
まとめ買い、献立を決める、ということを実行していても予算がどんぶり勘定では節約は難しくなります。そこで予算決めをしましょう。

1ヶ月の食費を5週間で割り、1週間で食費をいくら使えるのか決めておけば無駄遣いが減らせます。
例として月の食費が30,000円だとしたら、それを5週間で割って1週間では6,000円が予算、ということになります。
「これ以上は使えない」と思っていれば、ついついお菓子を買っちゃった、安かったから買い置きしておこうと余剰に使うことを防ぐことができます。

おわりに

食費 節約
いかがでしたでしょうか?この他にも、節約レシピを活用する、単価の安い食材を使うなど様々な方法がまだまだあります。
しかし、食事は健康の源。節約を心掛けるあまりに栄養が偏ってしまったり、食事の量を減らしてしまうことのないよう、自分や家族の健康第一に頑張ってくださいね。