節約の味方・卵を上手にアレンジしよう!おいしい節約卵料理まとめ

この記事の所要時間: 25

はじめに

卵
節約の第一歩は常備してある食材を上手に使いこなすことです。
どの家庭でもだいたい冷蔵庫に常備している食品といえば、たまごです。

今回は、たまごをつかった簡単で美味しいアレンジレシピをご紹介したいと思います。

温玉どんぶり

卵

材料

温泉卵   1個
木綿豆腐  半丁
ごはん   お茶碗一杯
揉みのり  適量
ごま油   適量
醤油    適量
小口ネギ  少々
黒こしょう 少々

作り方

1、どんぶりに温かいご飯をのせ、もみのりを乗せ、
その間に木綿豆腐の水気を切っておきます。
2、1に水気を切った木綿豆腐を手で崩しながら入れ
その真ん中に温泉卵を入れます。
3、最後に、ごま油、醤油、を回しかけ、
小口ネギを乗せ黒こしょうを振ったら完成です。

フライパンでたまごトースト

卵

材料

食パン     1枚
たまご     1個
ベーコン    1枚
玉ねぎ     1/8
トマト     1/4
とろけるチーズ 適量
マヨネーズ   適量
黒こしょう   少々
油       少々

作り方

1、食パンの耳を残し真ん中をくりぬきます。
2、フライパンに油をひいて、1を乗せます。
玉ねぎ、トマト、ベーコンはみじん切りにしておきます。
3、2の真ん中にたまごを割りいれ、菜箸でぐちゃぐちゃにします。
4、3に玉ねぎ、トマト、ベーコン、とろけるチーズを入れ
1でくりぬいたパンでフタをします。
5、フライ返しなどでしばらく押さえつけて、
ある程度焼き目がついたら裏返しにします。
6、両面焼いたら、お皿に盛りつけ、マヨネーズ、黒こしょうで
味付けをして完成です。

その他にも

卵
また、ゆで卵を作っておき、麺つゆと少々のお酢を入れた汁に漬け込むと
味付け玉子ができます。

黄身を半熟にしてご飯に乗せて、残り物のお漬物を添えて小口ネギをまぶせば立派な味付け玉子丼の完成です。

この味付け玉子は、そのまま食べて、お酒のおつまみにしたり、ゆで野菜に添えて、おかずの一品にしたり便利で保存もききます。常備しておくと便利ですよ。

おわりに

卵
節約のため、無駄遣いをしないためには、わざわざ買い物に行かずに、家に常備してあるものでうまく献立を作ることが大切です。

たまごは比較的賞味期限も長く、安価でもあるので、上手にアレンジして、毎日の食卓に花を添えてくださいね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet