【もやし】節約料理の強い味方|大量買いでも残さない!絶対的に鮮度を保って少しでも長く保存する技

はじめに

安価な価格で販売されることが多い「もやし」は、食費節約にとって欠かせない食材ですね。以前に、レンジでチンっ!節約簡単もやし料理まとめで、簡単にできる料理についてご紹介しました。
今回は、「もやし」を鮮度をなるべく落とさず長期保存するコツをご紹介します。

もやし、保存、冷凍、食材、節約

冷蔵庫で保存するのであれば、ひとてまをおしまない

買ってきたままの状態で、保存するとわずか2日~3日しか新鮮な状態で保てないのが「もやし」です。
少しでも長く保存したい場合は「ひとてま」かけましょう

もやし、保存、冷凍、食材、節約

生のまま保存したい場合

もやしを袋から取り出し、容器にうつしかえ新鮮な水に浸して冷蔵庫で保存します。
こまめに水を交換する必要はありますが、1週間以上鮮度を保ったまま保存できます

雑菌が繁殖するので、必ずこまめに水をかえましょう

食感がかわってもよい場合

軽くゆで、しっかりと水切りをし容器にうつしかえて冷蔵庫で保存します。3~4日くらいは保存可能です。

冷凍保存も可能

軽くゆで、しっかりと水を切り容器に移し替えたり、ラップで小分けにしたりして冷凍庫で保存します。また、袋ごと保存することも可能です。その場合は、袋につまようじで穴をあけて冷凍庫に入れましょう。
冷凍やけに注意すれば、2~3週間保存が可能です。

冷凍保存の場合は、どうしてもシャキシャキとした食感が少なくなったり、独特の臭いがきつくなる傾向にあります。炒めたりスープの具にしたりひと工夫が必要です。

もやし、保存、冷凍、食材、節約

おわりに

特売日には、破格の値段で販売されることもあるもやしです。
少しでも鮮度を保ち美味しく長期保存ができると使いのこしを防ぐことができお得ですね。
食費節約の強い味方、もやしを上手に保管して節約生活を続けていきましょう。

もやし、保存、冷凍、食材、節約

参照元
参照元