その飲み会本当に必要?節約中のあなたのための交際費節約方法

はじめに

交際費 飲み会
飲み会に誘われるがまま参加をしていると、かなりの出費になってしまいます。特に節約中であれば、できるだけ行きたくない、断りたい…と思うものです。
でも、嘘をついてまで断っていいのでしょうか?

自分のルールを作って、節約中でもストレスなく飲み会と付き合いましょう。

その飲み会、必要?

交際費 飲み会
飲み会などのお誘いを全て断るのは、少し考えものです。節約中ではあっても、たまの楽しみも必要ですし、誘って頂けるのはありがたいこと。
でも、その飲み会は本当に行かなければいけない?
自分が行きたいと思うでしょうか?
よく判断して考えて出欠を決めましょう。

歓送迎会なら参加しましょう

交際費 飲み会
職場などでメンバーの入れ替わりがある時期は、だいたい決まっています。お世話になった感謝の意を表し、これからの人間関係を円滑にするためにも、歓送迎会は参加できるように前もって予算を取っておきましょう。

急なお誘いはどうする?

交際費 飲み会
今日は家で節約料理。と思っていた矢先にお誘いがあった場合、断りにくくてお誘いを受けていませんか?
「どうしてもあなたに相談をしたい」というような深刻な時以外は、思い切って断りましょう。

嘘はNG!

交際費 飲み会
では、どうやって断るのがベストなのでしょうか?
「他に先約があるから」「行かなければいけないところがあるから」ついついこんな嘘をついて断っていませんか?
でも、嘘がバレタときは変な誤解を生じかねません。だから嘘をついてはだめ。正直にお金がないと断りましょう。

おわりに

交際費 飲み会
節約中に飲み会に誘われるのは困ります。でも、お酒や食事も大切なお付き合いのひとつ。全てに参加するのではなく、必要なものには参加をし、「今、金欠中なんです。」とか「今度旅行にいくから、今は節約しているからまた今度誘ってくださいね。」など、嘘をつかずに断った方が良いでしょう。

うっかりして嘘がばれると、相手もいい気分はしません。仲の良い友達なら、家ご飯を一緒に楽しむのも節約中のお付き合いの方法のひとつです。

参考