【iPhone版】Dr.Walletでレシートデータ化可能枚数を増やす方法

この記事の所要時間: 20

ios_guide_title_banner

はじめに

Dr.Walletでは毎月100枚ずつレシートを無料でデータ化することができます。
しかしながら、「今月はたくさんお買い物しちゃった!」といった場合は100枚では収まらないかもしれません。
そんなときは、二つの方法でレシートデータ化可能枚数を増やすことができます!

追加レシートパックを購入する

ios_guide_increment_receipt_ss_01

メニューボタンをタップし、メニューを開きます。

ios_guide_increment_receipt_ss_02

追加レシート購入をタップします。

ios_guide_increment_receipt_ss_03

購入したいパックを選択してください!
購入手続きが完了すると、自動的にレシートデータ化可能枚数が増加します。

追加パック購入したけど、結局使わなかった…
ご安心ください!
各月の撮影枚数が100枚を越えると追加分が消費されていきます。消費されずに残ったものは翌月に自動的に繰り越されます。

Dr.WalletをSNSでシェアして枚数を増やす

ぜひDr.WalletをみなさんのSNS(FacebookやTwitter)で紹介してくれませんか?
こちらからはささやかなお礼ですがデータ化可能枚数をプレゼントさせていただきます!

ios_guide_increment_receipt_ss_04

シェアして無料で枚数を増やそう!をタップします。
このボタンはアプリ内の様々な場所にあります。

ios_guide_increment_receipt_ss_05

すると上図のようなダイアログが表示されるので、FacebookかTwitter、シェアしたい方を選んでください。
なお、両方持ってるよ!という方はぜひ両方でシェアしてください。シェアしただけ、追加レシートパックがプレゼントされます。

ios_guide_increment_receipt_ss_06

投稿画面が表示されますので、投稿をタップしてください。
文面は編集することができます。
ぜひ、いろんなオススメ文でDr.Walletを紹介してください!
ユーザーさまのご協力で、Dr.Walletはさらに進化します!

SNSシェアに失敗する場合は以下を参考にSNSアカウントが登録されているかご確認ください。

シェアは何回でもできるの…?
シェアは一ヶ月に一回、Facebook、Twitterそれぞれで行うことができます。
ぜひ、毎月シェアしてください!
また、追加パックの購入と同様に消費されなかった追加分は翌月に自動的に繰り越されます。

カテゴリー

Dr.Wallet公式ガイド

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet