【iPhone版】Dr.Walletで節約ポイントを分析する方法

この記事の所要時間: 114

ios_guide_title_banner

はじめに

紙の家計簿の1番の問題点は、記入した後に節約ポイントや支出ポイントを分析するのが難しいことでした。
その後、家計簿作成にExcel等が使われるようになり、グラフ化することで支出ポイントの可視化が可能になりました。
そして現在は、スマホのアプリによってグラフも自動的に作成されます。
Dr.Walletを使って節約ポイントを分析してみましょう!

カテゴリ別グラフを見る

カテゴリ別グラフを見ることで、その月にどのカテゴリにどれだけ支出したのかを視覚的に確認することができます。
それでは、さっそく見ていきましょう。

ios_guide2017_home

ホーム画面にある収支を表示しているカード(円グラフがあるカード)か、画面下部の分析をタップ。
すると分析画面に移動します。

ios_guide2017_home

画面上部のカテゴリ別をタップすることで各ページに切り替えることができます。

ios_guide2017_categoryios_guide2017_table

カテゴリ別の画面では、円グラフの左右にある矢印をタップすることで月を移動することができます。
またカテゴリ名をタップすることで、その月のそのカテゴリの購入履歴を表示することができます。

ios_guide2017_category_detail

このように商品別に表示され、「あれ?今月使いすぎてるけど何買ったっけ?」という時に便利です!
また、商品名をタップすることで、その商品が含まれるレシートの詳細を表示することができます。

Dr.Walletなら簡単に節約ポイントを発見することができます!

カテゴリー

Dr.Wallet公式ガイド

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet