野菜の保存方法をしっかり知って食品の無駄をなくそう!〜野菜編〜

この記事の所要時間: 150

はじめに

img59082385
これからの季節は野菜が豊富でとても美味しくなる季節ですね。
スーパーなどでみずみずしい野菜を大量に買ってしまって、家に帰ってからどうしよう…と困ってしまうことも多いと思います。

今回は主に夏野菜の保存方法についてまとめてみたいと思います。

なす

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なすは一本ずつラップで包んで冷蔵庫の野菜室で保存するようにしましょう。
なすは冷凍も可能です。冷凍する際には薄切りにして冷凍バッグに入れて保存しましょう。

トマト

photo_tomato
キッチンペーパーなどに包み、ビニールに入れそのまま冷蔵庫で保存可能です。
また、トマトは湯むきしてカットしたものをタッパに入れ冷凍しておくと、トマトソースを作るときにとても便利です。

トマトの種を抜いて薄切りにしてから干してドライトマトとして使う方法も、保存がきいてお勧めです。

ゴーヤ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
比較的保存がしやすい野菜ですが、冷蔵庫で保存する場合は中の種とワタを取り除き、ラップや新聞紙でくるみ保存袋に入れておきましょう。

また、冷凍保存の場合は、あらかじめカットして保存しておきますとそのまま使えて便利です。
また、薄切りにして干しても長期間の保存が可能になります。

おくら

img55960379
ビニールに入れて冷蔵庫で保存します。
冷凍する場合は軽くゆでてから、カットせず冷凍するようにしましょう。
凍ったままカットして使えます。

ピーマン

piman (17)
おくらと同様にビニールに入れて冷蔵庫で保存します。
冷凍する際も軽くゆで、半分にカットし、種を取り除いて冷凍するようにします。

きゅうり

kyuuriherusi5hon
水分が多いお野菜なので、一本ずつ新聞紙にくるみ冷蔵庫で保存するようにしましょう。
あまり冷凍には向きませんが、冷凍する場合は薄くスライスして冷凍してください。

かぼちゃ

08b
まるごと一個であれば、常温で保存しましょう。
カットされているものは冷蔵庫に入れるようにしてください。
また、冷凍する場合はカットしてから軽くゆでて冷凍してください。

おわりに

B6_01-1
美味しい野菜の保存方法を覚えて、冷凍と冷蔵をうまく使い分け
野菜の美味しさ、そのままいただきたいですね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet