子供の教育費は安くても1000万?塾でやることが親にもできる!

この記事の所要時間: 144

はじめに

教育費
就職難の現代、子供の学力不足は親にとって悩みの種の一つなのかもしれません。
「苦労してほしくない」、「大学まではなんとか行ってほしい」など子供の将来を心配している親御さんも多いと思います。

今回は教育費をどのように節約していけばいいかをご紹介します。

教育費は大学までいくらかかる?

教育費
皆さんは子供の教育費にどれくらいかかると思いますか?
調べてみたところ幼稚園から大学まですべて国公立で、塾も習い事もなしで約1000万です。一気に払うわけではありませんが1000万はかなりの大金です。さらに塾や習い事までさせるとなるとさらにお金がかかります。

たとえば、子供を塾に通わせるのに月に2万かかるとすれば年間24万かかることになり、夏季・冬季の特別講座を受けるとなると約30万近くなります。
もし3年間通うとなると100万円近いお金が出てしまうことになります。

塾に行くなら通信教育

教育費
教育費をできるだけ抑えていきたいなら、塾より通信教育をお勧めします。

塾と通信教育の最大の違いは「教えてくれる人がいるか」です。人件費が少ない分通信教育のほうが安くなります。
さらに通うとなる交通費もかかりますのでお金の観点からいくとその点でも通信養育がお金を使うことがありません。

通信教育の続け方

教育費
通信教育は教師がいないため、本人が自主的にしていくしかないので「続かない」「溜めてしまう」というデメリットがあります。
そのため子供にこまめに注意するか、「点数が上がったらお小遣いあげる」といったご褒美作戦などで、子供のモチベーションを落とさないようにしていく必要があります。

おわりに

教育費
教育費の観点から塾と通信講座を見てきましたが、どちらにせよお金がかかります。

その教育費をどう削っていくかは、親もモチベーションを維持させる工夫をしていかなければなりません。
毎日続けていけばそれが習慣になります。子供に対しても親に対しても双方の努力が教育費の最大の節約になるのです。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet