【コスパ最高】なんにでも使える万能選手|ベビーパウダーを最大限に使いこなす技

この記事の所要時間: 310

はじめに

日中は、汗ばむほどの暑さになってきましたね。これからの季節は、紫外線ケアはもちろんですが、日々の肌ケアがとても大切です。
もちろん高価な基礎化粧品でのケアも大切ですが、プチプライスで手に入る身近なモノで手軽にできるケアも侮れません。

ベビーパウダー

ベビーパウダーの成分と効能

ベビーパウダーの成分は、主にコーンスターチと滑石(かっせき)であるタルクです。
ベビーパウダーといえば、赤ちゃんのお風呂上がりやおむつ替えのときに汗も予防のために使うイメージがありますね。
それは、水分や皮脂を吸着し手皮膚表面を均一にし、摩擦を少なくすることによってあせもや肌荒れを防ぐ効能があるからです。

ベビーパウダー

赤ちゃんだけじゃない!ベビーパウダーの使い方

肌に使う

1.フィニッシュパウダーとして
リキッドファンデーション後に、ベビーパウダーを使ってみましょう。
ベビーパウダーが皮脂を吸い、化粧崩れを防ぐことができます。

2.チークの上に
チークを乗せた後、色味の上に薄くつけてみましょう。より自然な色になります。

3.ファンデーションとして
化粧下地をつけた上にファンデーションの代わりにつけましょう。自然に仕上がりすっぴん風メイクにぴったりです。また日中メイクをしない日にも、洗顔後のスキンケアの上からはたいておけば、皮脂のてかりを抑えてくれます。

4.洗顔フォームとして
洗顔フォームにベビーパウダーを混ぜてあらいましょう。泡立ちがよくなり、毛穴のつまりを取り除いてくれます。

ベビーパウダー

意外かもしれませんが、ベビーパウダーは肌だけじゃなく、他にも裏技があります。

掃除に使う

1.ラグやカーペットに振りかけて、掃除機で吸い取る
汚れが取れ、もとの色合いがよみがえります。また、ベビーパウダーの落ち着く匂いが優しく香ります。

2.化粧ブラシの汚れ落としに使う
ビニール袋にベビーパウダーを入れ、ブラシをパウダーの中でくるくる回します。チークやシャドウなどがベビーパウダーに移りブラシがきれいになります

3.畳にこぼした液体に振りかける
ベビーパウダーが水分を吸い取ってくれるのでそれを掃除機ですいとりましょう。さらに、ぞうきんで拭くときれいに仕上がります。

ベビーパウダー

お洗濯に使う

1.シャツの首回りや袖口などに薄くつけておく
ベビーパウダーが皮脂を吸い取るので、汗染みがお洗濯で落ちやすくなります。

2.キャンパス生地のスニーカーにはたいておく
ベビーパウダーの粒子が繊維に入り込み、汚れをブロックします

3.食べこぼしの応急措置として食べこぼしの上にはたく
ベビーパウダーが油汚れを吸い取ってくれるので、繊維に汚れが定着しにくくなります

ベビーパウダー

消臭につかう

1.制汗料がわりにつかう
お風呂上がりやお出かけ前に、汗をかきそうな部分にはたいておくと、汗を吸ってくれます。

あくまでも薄くつけましょう。たくさんつけるとかえってトラブルになる原因になります

2.シューキーパーとしてつかう
布袋にベビーパウダーを入れ、靴の中に入れると「におい」や「湿気」を吸ってくれます

ベビーパウダー

おわりに

プチプライスで手に入るベビーパウダーは、万能選手ですね。
使用するときのポイントは「あくまでも控えめに使う」ことです。つけすぎはかえってトラブルの原因となりかねません。

プチプライスで身近な存在のベビーパウダーを、家族みんなで上手に使いこなして、上手に使い切りたいですね。
節約生活を長く続けていく中で、プチプライスのモノをいかに楽しみながらうまく使い切るか?は、永遠のテーマです。
是非、参考になさってみてください。

ベビーパウダー

参照元
参照元

参照元

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet