食材を無駄にしない節約メニュー!栄養もたっぷりで節約も出来る1日のおいしい献立って?

この記事の所要時間: 133

はじめに

節約メニュー
節約と健康ってなかなか両立が難しいものです。さらに美味しいといいですよね!
そんな3つの要素を満たすメニューを考えてみました。

献立

節約メニュー
朝:トースト、野菜スープ

昼:揚げ野菜のつけうどん

夜:ドライカレー(朝の野菜スープを活用します)

栄養バランスを考え、なおかつ、食材を無駄にしないメニューにしてみました。

野菜スープ

節約メニュー
朝の野菜スープには、冷蔵庫に少しだけ残ってしまっている野菜・足の早い野菜を刻み、コンソメ味で野菜スープを作ります。

この時に大量につくっておき、小分けにして冷凍しておくと、急いでいる朝に一品プラスできるのでとても便利です。
冷凍する場合はジャガイモは冷凍に向かないので、ジャガイモを入れていない場合の野菜スープにしてください。

つけうどん

節約メニュー
昼の揚げ野菜のつけうどんは、なすやシメジ、キノコ類をごま油で炒めます。豚ばら肉があればさらに美味しいです。
そこにそばつゆを入れて、うどんのつけ汁を作ります。

ドライカレー

節約メニュー
夜のドライカレーですが、ひき肉を炒め、そこに朝作った野菜スープの残りを入れます。さらにトマト、カレー粉を入れ、水分がなくなるまで煮込みます。
すると、栄養たっぷりのご飯の上に乗せる形のひき肉のドライカレーの完成です。
あれば、目玉焼きを乗せたり、温泉卵を乗せたりアレンジもできます。

このドライカレーも冷凍可能です。
安い野菜が手に入ったときやお時間がある時に、大量の野菜スープを作って小分けにして冷凍し、その残りでドライカレーを作って、これも冷凍しておくと節約にも時短にもなり、一石二鳥のメニューの完成です。

おわりに

節約メニュー
おいしい食事で楽しく節約しちゃいましょう。
冷凍可能なメニューはいつでも解凍して食べられるので、おすすめです!

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet