歴代1番高い値段がついた32億7000万円の車がカルフォルニアで公開!今年12月まで

この記事の所要時間: 123

はじめに

車
家と並んで、購入に綿密な下準備が必要なものである車ですが、今は100万あればなんとか買えますよね。
では、歴史上1番高い値段で取引された車とは一体どんな車なのでしょうか。

ブガッティ・タイプ57SC アトランティーク

車
ブガッティ・タイプ57SC アトランティークは、高級車で有名なブガッティの「タイプ57」中でも最も有名で、美しいと言われる自動車です。製造されたのはわずか4台。現存するのは2台のみです。

その中の1台はファッションデザイナーのラルフ・ローレンが所有しています。
もう1台はなんと、2010年にカリフォルニア州オックスナードのマレン自動車博物館へ3000万~4000万ドル(当時25億~33億円)で売却されました。

貴重なエンジン音がこの動画で聞けます。
http://youtu.be/116BYFCSBGk

マレン自動車博物館でブガッティアート展

車
そのブガッティ・タイプ57SC アトランティークが、マレン自動車博物館のブガッティのアート展『The Art of Bugatti』で展示されます。今年の3月から、12月開催予定です。

見学には予約が必要ですので、見に行ってみたい方はぜひ飛行機のチケットともに予約してください。

おわりに

車
歴代1高価な車とあって、ブガッティ・タイプ57SC アトランティークはとってもかっこいいですね。
ちなみに沖縄市ではこの2月に、32億円でこの間コザしんきんスタジアム(沖縄市野球場)が作られました。野球場一つの価値の車…一度でいいので見てみたいです。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet