簡単手順でピカピカに!「洗面台」のお掃除方法をご紹介します。

この記事の所要時間: 149

はじめに

皆さんは普段どれくらいの頻度で洗面台を掃除していますか?

一日の始まりと終わりを気持ちよく過ごすためにも、朝起きてすぐ、そして寝る直前に使う洗面所は、キレイであって欲しいですよね。

しかし、洗面台は鏡に白い斑点汚れができてしまったり、洗面ボウルに黒いカビが付いてしまったりと、汚れが目立ちやすい場所。

今回の記事ではそんな「洗面台」の掃除方法をご紹介します。

1. 洗面ボウルの掃除方法

洗面ボウルの掃除は、まず洗面ボウル全体に水をかけて濡らします。

次に重曹水をスプレーして、スポンジでこすります

排水口には重曹を直接ふりかけ、内側までしっかりと歯ブラシでゴシゴシこすりましょう。

オーバーフロー穴(水があふれないようについている穴)も排水口と同様にお掃除。

仕上げに雑巾で乾拭きすれば、綺麗な洗面ボウルの誕生です。

2. 蛇口の掃除方法

洗面台に関わらず、蛇口周りにピンク色っぽい汚れが目立つ時はないですか?

その汚れはバクテリアが原因なのですが、中性洗剤を使って掃除をするとキレイに取ることができます。

バクテリアによる汚れはすぐに再発するので、こまめな掃除を心がけましょう。

一度ヌメリが出てしまうとすぐに繁殖してしまいますので、蛇口周りの水分は極力拭い去ることが大事です。

3. 鏡の掃除方法

鏡の掃除方法は次の通りです。

クエン酸スプレーを使用して鏡全体に拭きつけ、15分間濡れたままの状態にしておきます。

こまかい箇所は、歯ブラシで汚れをとりのぞきましょう。

最後に水拭きをして、マイクロファイバーで拭き上げをすればきれいな鏡に生まれ変わります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

洗面台に落ちている髪の毛をこまめに取り除くことも重要です。

落ちている髪の毛を流してしまうと、排水口の網に引っかかり、そこに汚れがたまりカビなどが発生します。

つまりの原因にもなるので、髪の毛は流さず取り除きましょう。

毎日のこまめな掃除が洗面台を綺麗に保つコツです。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet