お風呂掃除は「重曹」と「酢」!箇所別掃除方法をご紹介します。

この記事の所要時間: 151

はじめに

キレイに掃除をしているつもりなのに、いつの間にかついてしまうヌルヌルやカビ…イヤですよね。

身体の汚れを落とすお風呂場は、「掃除をしてもキリがない!」とため息が出てしまう厄介な場所です。

忙しい毎日の中でラク~にお風呂掃除をして、カビとヌメリを防ぎましょう。

1. 床や壁の汚れは重曹と酢!

床の汚れは皮脂と石鹸の垢の頑固な複合汚れですから、アルカリ性の重曹と酸性の酢をプラスして作ったペーストをつかいましょう。

重曹と酢を混ぜると出てくる泡が一気に汚れを浮かせて落としてくれます。

洗面器に重曹を入れて酢を適量入れたら良く練ってペースト状にして、壁はスポンジ、床はブラシでゴシゴシと擦りましょう。

2. 排水口の汚れは重曹と酢と熱湯!

排水口は髪の毛に皮脂や石鹸の滓が絡まり、最も汚れやすいポイントですが、こまめに掃除をしておくことでより掃除が楽になる場所でもあります。

まず、排水口にたまった髪の毛などのゴミを取り除き、その上に重曹カップ1杯を振りかけて酢を適量流し入れ、数十分放置してから仕上げに熱湯を流し入れれば、頑固な汚れがおちてキュキュッとキレイになります。

直接触れることなく掃除ができる点が良いですよね!

3. シャワーヘッドの汚れは熱湯と酢!

シャワーの出が悪かったり、水が変な方向へ飛んでしまう時は、シャワーヘッドが水に含まれるカルシウムが固形化して目詰まりをしています。

カルシウムを溶かす酢を使ってキレイに掃除しましょう。

バケツや洗面器に熱湯1ℓと酢1カップ入れて、シャワーヘッドを丸ごとつけて1~2時間置きます。

その後しばらく水流を強くしてシャワーを出せば、目詰まりがスッキリキレイにとれます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

お風呂場は体をキレイにするだけでなく、温かいお湯に浸かって一日の疲れを癒す、リラックスの場所です。

こまめにお風呂掃除をしましょう。

毎日のお手入れでお掃除の無駄な手間を無くして、いつでもきれいなお風呂にしておきたいですね。

この記事はこちらの記事を参考に作成されました。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet