クセになる味!「キムチ」を活用して出来る簡単アレンジレシピまとめ

この記事の所要時間: 250

はじめに

皆さんは普段どれくらい「キムチ」を食べていますか?

発酵食品で野菜を多く含んでいる「キムチ」は健康によく、単品で食べても美味しいですよね。

今回の記事ではそんな「キムチ」を活用して作ることのできる料理をご紹介します。

そのまま食べても美味しいキムチですが、アレンジを加えると更に美味しい別の料理へ生まれ変わります。

冷蔵庫にキムチの備蓄がある方は是非試してみてくださいね。

「キムチ」活用レシピ1. 「お昼に♡キムチでドリア」

材料 (1人分 直径12cm皿)
白菜キムチ50~80g
ごはん茶碗1杯
バター大さじ1くらい
マヨネーズ適量
ピザ用チーズ適量
ドライパセリ少々

最初に紹介するキムチのアレンジレシピはとっても簡単な「キムチドリア」です。

耐熱皿にご飯を入れて、その上にバターとキムチを乗せます。

ピザ用チーズとマヨネーズをかけてトースターで7~10分焼けば、美味しいキムチドリアが完成します。

簡単に出来てとっても美味しい、キムチの大量消費にぴったりなレシピですね。

「キムチ」活用レシピ「お昼に♡キムチでドリア」の詳しい作り方はこちら

「キムチ」活用レシピ2. 「切干し豚キムチ」

材料 ( 2 人分 )
切干し大根15g
白菜キムチ100g
豚バラ肉(薄切り)120g
塩コショウ少々
ゴマ油小さじ2
ショウガ(みじん切り)大さじ1
麺つゆ(ストレート)大さじ1/2

キムチの活用レシピといえば「豚キムチ」が有名ですが、「切り干し大根」を加えると更に美味しくなりますよ。

カットした切り干し大根とキムチを和え、塩コショウをつけ3cmに切った豚バラ肉や各調味料と一緒にフライパンで焼きます。

豚バラ肉に比が通ったら麺つゆを加えて、全体を混ぜ合わせて完成です。

豚キムチに飽きたら切り干し大根を用意して作ってみましょう!

「キムチ」活用レシピ「切干し豚キムチ」の詳しい作り方はこちら

「キムチ」活用レシピ3. 「簡単パラパラなキムチチャーハン」

材料 (2人分)
ご飯茶わん2杯
キムチ50g
卵(12/4に書き忘れを追加しました)1個
万能ねぎ 適量
鳥がらスープの素小さじ1
水小さじ1
塩こしょう適量
ごま油 適量
サラダ油大さじ1

キムチの水気を最初にとることで、ベタッとならないキムチチャーハンを作ることができます。

鶏がらスープの元を水で戻し、卵を加え塩コショウをした容器にご飯を加えて混ぜます。

フライパンにキムチを乗せて加熱をし、先程混ぜたご飯や万能ねぎを加えれば完成です。

普通のチャーハンに比べて既製品のキムチで具材のおおよそが整うので、調理がとっても簡単ですね♪

「キムチ」活用レシピ「簡単パラパラなキムチチャーハン」の詳しい作り方はこちら

おわりに

いかがでしたでしょうか。

キムチは他にも様々な調理方法がありますが、記事の最初で紹介した「キムチドリア」は特に簡単で美味しそうですね。

そのまま食べても美味しく、栄養もばっちりな「キムチ」のアレンジレシピをたくさん食べて健康な身体を作りましょう。

以上、『クセになる味!「キムチ」を活用して出来る簡単アレンジレシピまとめ』でした。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet