もうすぐ旬!「ピーマン」を使った簡単絶品グルメをご紹介します!

この記事の所要時間: 317

はじめに

とっても美味しく栄養満点な野菜「ピーマン」の旬を知っていますか?

ピーマンの旬は一般的に6~9月と言われていて、もうすぐ1年で最もピーマンが美味しい時期を迎えます。

年中スーパーで購入することのできる野菜ですが、やはり旬の時期こそ沢山食べたくなりますよね。

そこで本記事ではそんな野菜「ピーマン」を美味しく調理できるレシピをご紹介します。

どれも超人気のレシピばかりなので、「ピーマン」が苦手な人でもきっと美味しく食べれること間違い無しです!

「ピーマン」活用レシピ1. 「簡単!ピーマンとむね肉の細切り炒め」

材料
鳥むね肉1枚
ピーマン1袋
鶏ガラスープの素大1/2
しょうゆ大1/2
★塩小1
★コショウ少々
★酒大2
★片栗粉 大1
サラダ油適量

細切りにしたピーマンと鶏むね肉を用意して、ピーマンを先に炒めます。

★の調味料と細切りにした鶏むね肉を混ぜ合わせたものをピーマンとは別に炒め、そこに先に火を通したピーマンと鶏がらスープの素としょうゆを加えて完成です。

とっても簡単に出来て美味しい、「クックパッドマガジン」にも掲載された有名料理です♪

「ピーマン」活用レシピ「簡単!ピーマンとむね肉の細切り炒め」の詳しい作り方はこちら

「ピーマン」活用レシピ2. 「子供も大好き!豚なすピーマンみそ炒め」

材料 (四人前)
豚バラ薄切り200g
なす1袋
ピーマン1袋
にんにく 1かけ
しょうが 1かけ
長ねぎ10cm
サラダ油大さじ2
★味噌大さじ2
★砂糖大さじ1
★醤油大さじ1
★みりん 大さじ1
★酒(紹興酒でも!)大さじ1

乱切りにしたなすを水にさらし、乱切りにしたピーマンと4cmに切った豚バラ、薄切りのにんにくとしょうが、粗みじんにした長ネギを用意します。

フライパンに各種調味料や長ネギを入れ、ある程度したら豚バラも加えます。

茄子も加え、★じるしの調味料と水100ccを加えたら蓋をして強火で煮ましょう。

煮汁が煮詰まったらピーマンを加え、炒めて完成です。

茄子とピーマン、豚肉が味噌の風味と絶妙にマッチ。ご飯が進みます!

「ピーマン」活用レシピ「子供も大好き!豚なすピーマンみそ炒め」の詳しい作り方はこちら

「ピーマン」活用レシピ3. 「青椒肉絲:チンジャオロースー」

材料 (2人分)
牛肉or豚肉100g
たけのこの水煮50g
ピーマン2個
しょうが 5g
塩少々
コショウ少々
油 適量
☆酒小さじ2
☆しょうゆ小さじ2
☆砂糖小さじ1
☆オイスターソース 小さじ1
☆水溶き片栗粉水小さじ1+片栗粉小さじ1

最後に紹介するのはピーマンの定番料理「青椒肉絲」です。

スーパーでは青椒肉絲の素が販売されていますが、家にある調味料を使って十分に美味しい青椒肉絲を作ることができますよ。

各食材を切り、牛肉に塩コショウをもみ☆の調味料を混ぜておきます。

油を引いたフライパンにしょうがを入れて、その次に肉やたけのこ、ピーマンを入れて炒めます。

そこに調味料を入れて最後に再び炒めてしまえば美味しい青椒肉絲の完成です。

とっても美味しい青椒肉絲は作り方も簡単ですし、ピーマン嫌いも克服できます♪

「ピーマン」活用レシピ「青椒肉絲:チンジャオロースー」の詳しい作り方はこちら

おわりに

いかがでしたでしょうか。

ピーマンといえば中の種を取り出すのが面倒に感じている人も多いと思います。

しかしピーマンの種はへたの部分を指で押し込めば簡単に取り出すことができます。

指で押すだけ~☆ピーマンの種の取り方

栄養抜群でしっかり美味しいピーマン。旬の季節に色々なピーマン料理に挑戦してみるのもいいですよね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet