絶対美味しくなる!「袋麺」アレンジレシピまとめ 〜プラス一手間で絶品料理に〜

この記事の所要時間: 251

はじめに

誰もが一度は食べたことのある「袋麺」。

簡単に手早く作ることが出来るので、気づいたら家で食べる昼ごはんが袋麺ばかりになっていたということも。

そんな簡単に調理することが出来る「袋麺」ですが、ほんの少しのアレンジを加えるだけでいつも以上に美味しくすることができます。

本記事では「袋麺」アレンジレシピをご紹介します。

「袋麺」アレンジレシピその1. 「インスタント袋麺で☆冷やしトマトラーメン」

材料
インスタントラーメン(塩)1袋
プチトマト4個
ゆでたまご1個
かいわれ大根適量
お湯50cc
水200cc
氷100g
ごま油 少々

最初に紹介する「袋麺」アレンジレシピはこれからの季節にぴったりな「冷やしトマトラーメン」です。

暑い夏がやって来るまでにはまだ期間がありますが、今のうちに身近にある袋麺で作ることのできる簡単な方法を覚えておきましょう♪

添付のスープの素を湯で溶いたら冷水で冷やし、同様に茹でた麺も冷やします。

後はスープに麺を入れ、トマトやたまご、貝割れ大根を入れるだけ。

簡単に出来てさっぱり美味しい袋麺の冷やしトマトラーメンが完成です!

「袋麺」アレンジレシピ「インスタント袋麺で☆冷やしトマトラーメン」の詳しいレシピはこちら

「袋麺」アレンジレシピその2. 「担坦麺風」

材料 (1人分)
インスタントラーメン(みそ味) 1食分
豚ひき肉 50g
豆乳 100ml
めんつゆ(3倍希釈) 大さじ1/2
にんにくのすりおろし 少々
好みでねぎの薄切り、香菜、白すりごま 各適宜
ごま油 ラー油

美味しい担々麺も普通の袋麺をアレンジすることで調理することができます。

鍋に胡麻油を入れて豚ひき肉とニンニクを炒め、火が通ったら麺つゆを加えて別のさらに移します。

袋麺を通常通り茹でで添付のスープの素や豆乳、ラー油を加えて先程調理した豚ひき肉などを加えれば完成です。

担々麺を作ることのできる袋麺も販売されていますが、味噌味の袋麺でも担々麺を作ることができるのですね。

「袋麺」アレンジレシピ「担坦麺風」の詳しいレシピはこちら

「袋麺」アレンジレシピその3. 「タイ風インスタントラーメンサラダ」

材料(2人分)
ちくわ…2本(約50g)
トマト…1/2個
三つ葉…5本
玉ねぎの薄切り…1/4個分
即席中華麺…1袋

最後にご紹介する「袋麺」アレンジレシピは野菜たっぷりのインスタントラーメンサラダです。

袋麺を推奨されている茹で時間より短い時間でゆで冷水で締め、湯で溶いた添付のスープと和えます、

そこにトマトや三ツ葉、玉ねぎを加えて台風インスタントラーメンサラダの完成です。

トマトが中華麺にぴったり合います。

「袋麺」アレンジレシピ「タイ風インスタントラーメンサラダ」の詳しいレシピはこちら

おわりに

いかがでしたでしょうか。

袋麺は様々な種類・値段の商品が販売されていますが、アレンジ次第でいくらでも味を買えることができます。

パッケージ通りの作り方で調理するのもいいですし、味に飽きたら本記事で紹介した様なアレンジレシピを試してみると良いでしょう。

とっても美味しい「袋麺」アレンジレシピ、是非調理してみてくださいね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet