時短&簡単!「包み焼き」レシピまとめ 〜魚もお肉もなんでもアルミで加熱だけ〜

この記事の所要時間: 327

はじめに

包み焼き レシピ

アルミホイルで食材を包み加熱をすると出来上がる「包み焼き」(ホイル焼き)は調理時間が短く、それでいて美味しく出来上がることが特徴です。

調理器具も少なく済むので後片付けが楽ですし、気をつけて食べれば食器も汚れることがありません。

スーパーで安くなっていた時に買ったお魚や野菜が残っている方は、全てアルミホイルで包んで調理してしまいましょう。

本記事では、そんな気軽にできてとっても美味しい「包み焼き」レシピをご紹介します。

初めて包み焼きの料理に手を出す方も、とっても簡単なので是非挑戦してみてくださね。

包み焼きレシピその1. 「たらのホイル焼きぽんバター風味」

包み焼き レシピ

材料 (4人分)
生たら4切れ(320g)
わかめ(塩蔵)30g
玉ねぎ1/2個
にんじん4cm(30g)
えのきだけ1袋(100g)
貝割れ菜適量
バター大さじ1・1/2
ぽん酢しょうゆ大さじ4
塩・こしょう各少々

最初にご紹介する包み焼きレシピは、たらを使ったオーソドックスなものです。

包み焼きの特徴である「簡単」&「早い」という点をしっかり押さえつつ、後片付けも油を使っていないフライパンだけです。

各食材を切ってアルミホイルの上に並べ、バターを乗せポン酢しょうゆをかけて弱火で10~12分の加熱で完成です。

たらとバターの風味がマッチした味は、調理の手軽さも相まって病み付きになること間違い無し♪

包み焼きレシピその1 「たらのホイル焼きぽんバター風味」の詳しいレシピはこちら

包み焼きレシピその2. 「鶏むね肉の味噌チーズホイル焼き」

包み焼き レシピ

材料 (2人分)
鶏むね肉1枚
キャベツの葉2~3枚
溶けるチーズお好みの量
味噌大さじ1~1.5
みりん 小さじ1くらい
コショウ適量
オリーブオイル 少々

包み焼き(ホイル焼き)といえば魚が定番ですが、たまには鶏胸肉を使った包み焼きレシピに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

スーパーで必ず安価で販売されている鶏胸肉を薄く切り、キャベツを敷いたアルミホイルに並べます。

オリーブオイルや胡椒をかけ、味噌を鶏胸肉に塗ってグリルで8分加熱をしたら完成です。

柔らかく火が通った鶏胸肉が味噌によく合う、手軽な上に非常に美味しい料理ですね。

包み焼きレシピその2 「鶏むね肉の味噌チーズホイル焼き」の詳しいレシピはこちら

包み焼きレシピその3. 「洋食屋さん風★包み焼きハンバーグ」

包み焼き レシピ

材料 (2人)
合挽き肉250グラム
玉ねぎ1/4個
パン粉 大3
牛乳大2
ナツメグ 4振り
塩小1/3
胡椒少々
マヨネーズ大1
卵1個
■ ソース
ケチャップ大3
ソース大1.5
赤ワイン 大1.5
砂糖小1/2
バター5グラム

最後にご紹介する包み焼きレシピはお子様に大人気の包み焼きハンバーグです。

今までに紹介したレシピとは違い若干の手間が必要になりますが、アルミで包みオーブンで加熱して出来る包み焼きハンバーグの美味しさを考えれば大したことではありません。

合いびき肉含むハンバーグの具を混ぜて整形したものをフライパンで加熱し、加熱後にアルミへ移し再びフライパンでソースを加熱します。

ソースはアルミへ載せたハンバーグにかけ、5分オーブンで焼けば美味しい包み焼きハンバーグの完成です。

ハンバーグの具材にチーズを入れると更に美味しくなりそうですね♪

包み焼きレシピその3 「洋食屋さん風★包み焼きハンバーグ」の詳しいレシピはこちら

おわりに

包み焼き レシピ

いかがでしたでしょうか。

包み焼きの中でも特にホイル焼きをするときはアルミホイルの量を少なめに見積もらず無く大胆に使うことが大事です。

少なすぎると中身が漏れることは勿論、ギリギリの場合でも加熱後に開いてしまう可能性を考えてたくさんのアルミホイルでしっかり食材を包みましょう。

まだまだ寒い日が続きますが、そんな毎日こそ包み焼きレシピが美味しく感じられますね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet