「ガトーインビジブル」のレシピまとめ 〜流行りのスイーツの正体とは〜

この記事の所要時間: 322

はじめに

ガトーインビジブル

皆さんは「ガトーインビジブル」というスイーツをご存知ですか?

フランス語で「見えないケーキ」を意味するガトーインビジブルは2017年に誕生した新しいスイーツです。

ケーキの生地と具材が一体化して見えなくなることからこの名前がついたそうですが、一体どのように作ることができるのでしょうか。

本記事ではそんな「ガトーインビジブル」のレシピをご紹介します。

2017年を代表することになるかもしれないスイーツ「ガトーインビジブル」は要チェックです!

「ガトーインビジブル」レシピその1 レンジ&トースターで!ガトーインビジブル

ガトーインビジブル

材料 (直径10cmのココット2個分)
りんご(大きめ)1個
きび砂糖 大さじ2
薄力粉大さじ2
牛乳大さじ2
オリーブ油 大さじ1
卵1個
粉砂糖(仕上げ用)適量

「ガトーインビジブル」を見たことも食べたこともない立場からすると一体どれくらい手間がかかるんだろう、と気後れしてしまうかもしれません。

しかし当然ですが、ガトーインビジブルは簡単に作ることもできます。

最初に紹介するのは主に必要な具材がりんごだけというシンプルなガトーインビジブル。

切ったりんごをココット(容器)に詰め、生地を流してトースターで焼けば完成です。

とても手軽に調理することができるので、「ガトーインビジブル」入門にピッタリの一品ですね。

ガトーインビジブルのレシピ『レンジ&トースターで!ガトーインビジブル』の詳しいレシピはこちら

「ガトーインビジブル」レシピその2 フライパンで簡単ガトーインビジブル

ガトーインビジブル

材料 (18cm〜20cmフライパン1個分)
■ ◆生地
りんご(ふじなど)1-2個
ホットケーキミックス 150g
卵1個
牛乳120g
シナモンパウダー適量
■ ★くるみのキャラメリゼを載せる場合↓
☆バター20g
☆砂糖大さじ4
☆くるみ50g(目安)

ガトーインビジブルはフライパンでも作ることが可能です。

このレシピも同様にりんごを1~2個使用します。

薄くスライスしたりんごを生地とまぜ、18~20cm程度のフライパンで加熱すれば完成です。

簡単に調理することができ、余ってしまったりんごを沢山消費することもできますね。

ガトーインビジブルは美味しいだけでなく見た目も映えるので、りんごの消費に困ったら是非挑戦してみてくださいね。

ガトーインビジブルのレシピ『フライパンで簡単ガトーインビジブル』の詳しいレシピはこちら

「ガトーインビジブル」レシピその3 さつま芋とりんごのケーキ

ガトーインビジブル

【材料】
さつま芋…中1個(200グラムくらい)
りんご…1個(200グラムくらい)
卵…2個
砂糖…50グラム
薄力粉…80グラム
溶かしバター…50グラム
牛乳…70cc

さつま芋とりんごを使ってガトーインビジブルを作ることもできます。

基本的な作り方は今までに紹介したガトーインビジブルのレシピと同様で、スライスしたさつまいもとりんごを生地に混ぜて型に入れオーブンで焼くだけです。

ガトーインビジブル全般に入れることですが、加熱後は形がしっかりするまでしっかり冷やしましょう。

折角具材と生地が同じに見える綺麗な断面のガトーインビジブルも、冷え切っていないまま切ってしまうと形が崩れてしまいます。

ガトーインビジブルのレシピ『さつま芋とりんごのケーキ』の詳しいレシピはこちら

おわりに

ガトーインビジブル

いかがでしたでしょうか。

SNSに料理の画像をアップロードすることが流行りの昨今ではガトーインビジブルのように見栄えのいい料理が流行りそうですね。

ガトーインビジブルは登場したばかりのスイーツなので、これから沢山のレシピが公開されることも期待できます。

2017年を代表するかもしれないスイーツ、「ガトーインビジブル」に今後も目が離せませんね。

カテゴリー

お菓子

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet