「YouTube Go」!Googleが提供するYouTube専用ダウンロードアプリが事前登録開始!

この記事の所要時間: 417

はじめに

youtube go

皆さんは、普段どれくらいYouTubeを利用していますか?

毎日インターネットを利用する人であれば数日に一度は必ずYouTubeを開いているかもしれませんし、毎日欠かさず何かしらの動画を見ている人も多いと思います。

そんなYouTubeですが、2006年9月にGoogleが買収して10年以上が経ちました。

サービス開始当初はインターネットの普及も満足ではありませんでしたし、どうしても低画質のイメージがありましたね。

しかし最近ではYouTubeでも高画質の動画が当たり前になり、様々な公式チャンネルが登場したことにより企業の広告の場としても活用されるように成りました。

またスマホアプリが一般的なものになりいつの間にかYouTubeも公式アプリをリリースし、「YouTube Red」という有料サービスも開始されましたね。

アーティストや企業がコンテンツ発表の場にすることも一般的になり、これからますますYouTubeは人々にとってテレビ同様馴染みのあることが予想されます。

そんなYouTubeが「YouTube Red」に次ぐ新しいサービスを開始するそうです。

本記事では「YouTube Go」という新サービスが一体どのようなサービスなのかをご紹介します。

1. 「YouTube Go」とは

youtube go

YouTube Go」とは、YouTubeの動画をダウンロードすることのできるYouTube(Google)公式アプリです。

今までYouTubeの公式動画をダウンロードするためには外部ツールに頼ることが一般的でしたが、このアプリの登場によって動画のダウンロードがスムーズに行えるようになります。

アップロードされている動画が著作権を無視した違法動画である場合にダウンロードをすることは法律で禁じられていますが、公式の動画は個人利用の範囲なら問題はありません。

アーティストの公式チャンネルで公開されているMVなど、今まで見たいと思ってもwifiが利用できない場合は通信量が気になって見ることができませんでしたが、一度ダウンロードしてしまえばインターネットに接続しなくても見ることができるようになります。

YouTube Go

もちろんYouTube(Google)公式が提供するアプリなので既存のYouTubeアプリの仕様に慣れた人であれば操作に抵抗なく使いこなすことができます。

動画の閲覧もYouTube Goアプリで可能であれば、既存のYouTubeアプリが不要になりますね。

もっともYouTube GoアプリがYouTubeアプリと比べると登録チャンネルや視聴履歴など一部の機能が利用できない可能性はありますが。

YouTube Go

動画の保存は画質を選択肢てダウンロードをすることができます。

高画質・高音質化が進みますがもし劣化無しでダウンロードをするとスマホの容量が少なくなってしまう場合があります。

最低限の画質と音質があれば十分、という方にぴったりの機能ですね。

動画再生時に選択できる点もありがたいです。

YouTube Go

またYouTube Go独自の機能として、保存した動画をBluetoothを通じて近くの人にシェアすることができる、という機能があります。

インターネット環境が十分でない屋外などで友人や家族に動画を見て欲しいときに、Bluetoothを通して簡単に保存済みの動画をシェアすることができます。

Bluetoothのデータ転送速度は1Mbps程度(0.125MB/s)なのであまり大きなサイズの動画をシェアするとなると時間がかかってしまいますが、サイズの小さい動画なら問題なくすぐに転送できます。

今現在YouTubeを頻繁に利用している人にとっては、YouTube Goが必須のアプリになること間違いなしです!

2. 「YouTube Go」を使うには?

YouTube Go

YouTube Goはまだデータ版であり、一般のユーザーは利用することができない状態になっています。

しかし公式サイトから電話番号とメールアドレスを登録すれば事前登録扱いになり、通常より早く利用できるチャンスを得ることができます。

YouTube Go

いち早くYouTubeの新機能を利用したい!という方は事前登録を済ませておくと良いでしょう。

またGoogle PlayストアではYouTubeGoのページが既に公開されています。

YouTube Go – Google Playストア

とはいえ、もちろん利用するためには事前登録に通る必要があります。

おわりに

youtube Go

いかがでしたでしょうか。

最近では多くの公共施設・機関でもWifiを完備した場所が増えてきましたね。

そのため日本で利用する際にはあまり重宝する機能ではないかもしれませんが、通信量を気にしなくてよくなることはありがたいですよね。

YouTube Goが広く使われるようになり、動画はダウンロードが当たり前、となるときももうすぐかもしれません。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet