【要チェック】スタバ福袋2017は例年通り激戦必至!引換券を必ずゲットしよう!!

この記事の所要時間: 440

はじめに

スタバ福袋

皆さんは、2016年の「スタバ福袋」を覚えているでしょうか。

スタバ福袋2016は在庫が元々十分ではなかったことに加え、一部店舗では個人で在庫を全て買い占めてしまう転売屋が出現したりとSNS上で大きな話題になりました。

時は流れ2016年ももう暮れとなり、スターバックス公式サイトにて「スタバ福袋2017」の詳細が発表されました。

スタバ愛好者にはたまらない福袋ですが、その入手難易度は非常に高く事前の情報チェックが欠かせません。

本記事では、そんな「スタバ福袋2017」の詳細についてご紹介します。

必ずゲットしたいという方は、1月1日になって調べ始めていては間に合いません。今のうちに十分にチェックしておきましょう!

スタバ福袋その1 販売情報

スタバ福袋

スタバ公式サイトで発表されている「スタバ福袋」に関する情報は次のとおりです。

ご自宅やお出かけの際にスターバックスのコーヒーを楽しめるアイテムの詰まった福袋。
オリジナルデザインのキャンバストートバッグは、サブバッグとしてもご利用いただけます。

2017.1.1(Sun)〜

引換券配布: 販売初日のみ引換券をお一人様1枚配布いたします。
個 数 制 限: 販売初日のみ、お一人様福袋1 個までのご購入とさせていただきます。
予定販売数: 各店舗の店頭にて予定販売数を告知いたします。ただし予告なく変更する場合がございます。

※各店舗の引換券配布開始時間、予定販売数は、12月26日以降店頭にてご案内予定です。
※先着順のため、引換券配布開始時間にご来店いただいても引換券をお渡しできない場合がございます。
※引換券配布列への割り込み、場所取り等の行為はおやめください。必ずご本人様が列にお並びください。
※福袋や他商品を複数お会計される際のご注意
福袋や他商品を複数まとめてお会計される場合、消費税の計算上、商品の組み合わせと数量により、
税込お支払い合計額に1円単位の端数が発生することがございますので、ご了承ください。

※商品の組み合わせの都合上、内容総額が異なる場合がございます。 ※商品は売り切れの場合がございますのでご了承ください。
※一部、お取扱いのない店舗がございます。
http://www.starbucks.co.jp/luckybag/

注目すべきは「引換券配布」と「1人1点限り」という変更点ですね。

2016年の反省をふまえ、開店前に並んだ人が転売屋に買い占められることなく購入しやすい配慮がなされています。

引換券を入手したら列を離れて他の場所に行っても大丈夫、という点もありがたいです。

スタバ福袋2017で注意すべき点は「店舗毎の販売開始日」です。

スタバ公式サイトでは福袋を販売するスターバックスの引換券配布日をまとめたPDFが確認できます。

http://www.starbucks.co.jp/assets/images/web2/images/luckybag/pdf/luckybag.pdf

実際に確認してみると、1月1日から販売を開始する店舗がほとんどとはいえ少しばらつきがあります。

試しに都内のスターバックスを見てみましょう。

スタバ福袋

身近な店舗が1月1日販売開始ではない可能性もありますので、必ず引換券の配布時をチェックしておきましょう!

スタバ福袋その2 Q&A

スタバ福袋

スタバ福袋2017のページでは、よくある問い合わせとそれに対するスタバの返答がまとめられています。

といっても、福袋は購入して開封するドキドキ感を味わうものでもあるので肝心の「中身」等に関しては「コーヒーやグッズ」以上に具体的な返答はありません。

しかしスタバ公式がこのようにアナウンスするということは、これ以上のことは誰も知らないということです。

間違った噂や憶測に躍らされることなく、引換券配布日を待ちましょう。

Q. 福袋の在庫はありますか。また在庫がある場合はお取置きしてもらえますか。

A. 福袋販売当日の各店舗の在庫状況はお答えできかねます。また福袋のお取り置きはいたしません。

取り置きは当然ムリでしょうが、在庫数に関しては去年同様不安がつきまといます。

開店時間をチェックして、なるべく早く並んでおきましょう。

Q. 引換券に有効期限はありますか。

A. 引換券は、配布当日の営業時間内まで有効です。配布(店舗印押印)店舗でのみ福袋と引換可能です。

これはありがたい配慮ですよね。

引換券を入手したらすぐに福袋を購入する必要がないので、荷物が増えること無く他の用事をスムーズに済ますことができます。

購入予定の店舗の引換券配布日をチェックしたらしっかり睡眠をとるようにしましょう。

万が一手持ちのお金が6,000円より少なかったとしても、財布さえあれば引換券入手後にATMへ行くこともできます。

おわりに

スタバ福袋

いかがでしたでしょうか。

1人1点限りの販売数になり、転売屋に買い占められる心配はなくなりましたね。

しかし在庫数や引換券配布時については各店舗によって異なりますし、必ず福袋購入予定のスタバに事前に行っておく必要があります。

またスタバ福袋は、一般的な飲食店での福袋と比較すると少し値段が高めですが、内容はそれに見合ったものになっています。

2017年もスタバに通い続ける方は、入念な情報チェックのうえ必ずスタバ福袋をゲットしましょう!

カテゴリー

お店活用術特集

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet