「Kindle」年末セール開催!最大61%オフで端末を購入できる2016年のラストチャンス

この記事の所要時間: 47

はじめに

kindle

皆さんは普段電子書籍をどのくらい読んでいますか?

最近はiOSとAndroid向けに様々な電子書籍アプリが配信されていますね。

iPhoneやAndroid端末などのスマホで電子書籍を読むと、紙媒体での読書とは大きく異なる点があることに気がつくと思います。

自動で読んだ位置を記録してくれていたり、気軽に読書ができる手軽さはあるものの、やはりスマホの画面を長時間見ていると目が疲れてきますよね。

電子書籍といえども、やっぱり紙と同じ感覚で目に負担をかけずに読みたい…。

そんな方におすすめの端末が、「Kindle」です。

現在Amazonでは「Kindle」の年末セールを実施しています。

本記事では、現在実施されている「Kindle」のセール情報やセール対象の「Kindle」についてご紹介します。

セール情報

kindle

今回の「Kindle」セールの詳細はAmazonで次の様に発表されています。

ご好評につき、人気のKindleシリーズが12/30までの年末感謝セール実施中。下記クーポンで最大61%OFF。

Amazonプライム会員向け(無料体験、家族会員、student会員は除く)
Kindle Paperwhite:「YEAREND7300 」で7,300円OFF
Kindle:「 YEAREND5500 」で5,500円OFF

Amazon一般会員向け
KINDLE Paperwhite用クーポンコード: 「YEAREND3800」で3,800円OFF
KINDLE用クーポンコード: 「YEAREND2500」で2,500円OFF

Kindle Paperwhite:Amazon.co.jpで最も売れている電子書籍リーダー。目に優しいライト内蔵で暗い場所での長時間の読書でも快適。

Kindle:読書に特化した目に優しい電子書籍リーダー。Kindleシリーズの読書体験が気軽に始められるお手頃価格のモデル

*Kindle Paperwhiteのマンガモデルは対象外です。

対象期間:2016年12月26日(月)18時00分から12月30日(金)23時59分まで
https://www.amazon.co.jp/b/?node=4844636051

前回の「Kindle」セールはサイバーマンデーに行われましたが、対象はプライム会員のみでした。
今回は誰でも割引を適応して購入することができるので、購入を考えている方は会計時にクーポンの適応を忘れないようにしましょうね。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

新品価格
¥16,280から
(2016/12/27 10:18時点)

Kindle (Newモデル) Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

新品価格
¥8,980から
(2016/12/27 10:19時点)


注意しておきたい点は、今回のセールでオトクになる「Kinele」端末は「Kindle」と「Kindle Paperwhite」だけという点です。

その他の「Kindle」端末(Kindle Paperwhiteマンガモデルなど)は割引の対象外となっています。

便利な「Kindle」端末をオトクに購入できる年内最後のチャンスです!

「Kindle」と「Kindle Paperwhite」の違い

kindle

今回セール対象となっている「Kindle」と「Kinde Paperwhite」の違いは一体何なのでしょうか。

kindle

明確に違う点は「解像度」と「重さ」ですね。

上の表にある通り、「Kindle Paperwhite」の方が解像度が高くそれに伴って値段も高めに設定されています。

より自然な読書を電子書籍で実現するために、「Kindle Paperwhite」には内蔵ライトも実装されています。

一方「Kindle」はそういった機能がないために値段が安く、重さも若干(約44g)軽いものになっていますね。

内蔵LEDや解像度の違いが読書時にどう影響するのかは使用する個人に依ります。

購入する際には実際に家電量販店で手にとって使用してみるのがいいですね。

おわりに

kindle

いかがでしたでしょうか。

Amazonは12月中旬に行われた「サイバーマンデー」セールでも「Kindle」端末を特価で販売していました。

割引率は今回のセールと同程度で、新型の「Kindle」が登場しない限りこれ以上安くなることは考えにくいでしょう。

Amazonプライム会員なら「Kindle」を持っていると月に一冊無料で本をよむことができます。

紙での読書にスペースの限界を感じてきたのなら、2017年はKindleデビューでスタートをしてみてはいかがでしょうか。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet