【必見!】知らないと損をする! 増税後にもらえる給付金があるって本当!?

はじめに

money
4月1日から、消費税が5%から8%にあがり家計をじわじわと圧迫してきている感じがする今日この頃。
特に、子育て真っ最中の世帯や住宅の購入を考えている世帯などは今すぐに「大きな金額」を動かすことは避けたいとお考えではないでしょうか?

17年前の増税時にも同じように「消費が冷え込んで」しまいました。

今回は、政府が「消費の冷え込みをカバー」するために3つの給付金が支給されることを決めています。

どんな給付金があるの?

低所得者が対象の臨時福祉給付金(簡素な給付措置)

abacus
【対象】一定の所得に満たない者

【条件】住民税が課税されていない人

【金額】1人1万円が支給されます。また年金を受け取っている人などには更に5000円が上乗せされます

【申請方法】
1月1日にすんでいた市町村に申請が必要です。具体的な申請方法や時期に関しては、現在準備中とのことです。
参考元

 子育て世帯臨時特例給付金

okane
【対象】中学生以下の子どもがいる世帯

【条件】大前提として「児童手当」をもらっている人(2月に振込がある者)・特例給付(所得制限額を超えている者)…など一定の条件を満たしていることが必要です。

【金額】対象の子ども1人に対して1万円

【申請方法】1月1日に住んでいた市町村に申請が必要です。市町村民税が確定する6月頃から、申請の受付が始まる予定です。

参考元

 住宅購入者が対象のすまい給付金

【対象】住宅を購入した人

【条件】住宅を取得し登記上の持分を保有するとともに、その住宅に自分で居住する人、年収510万円以下…など一定の条件を満たす必要があります。

【金額】10万円~30万円が年収に応じて支給されます。

【申請方法】給付申請書を作成し、確認書類を添付して申請することが必要です。申請は、全国に設置する「すまい給付金申請窓口」への持参、または「すまい給付金事務局」への郵送にて可能です。実施期間が限られていますので、注意が必要です。

sumai

http://sumai-kyufu.jp/outline/sumaikyufu/

ie

おわりに

現時点では、大きく報道もされておらず一般的に知られていない可能性がある給付金。
対象者の方は、知っていると知らないでは大違いですね。
また、申請して初めて取得できる給付金ですので、早めに準備をしておけば慌てずにすみます。今から「自分が対象かどうか?」「申請にはどんな手順が必要なのか?」を調べておけば安心ですね。