藤原紀香のお墨付き!「黒豆納豆」を食べて美容・健康促進 〜コスパ最強はやはり納豆〜

この記事の所要時間: 457

はじめに

黒豆納豆 おわりに

皆さんは、「黒豆納豆」をご存知でしょうか。

黒豆納豆」とは名前の通り、真っ黒い納豆のことです。

食べたことない…と考える人が多いと思いますが、殆どの人が一度は食べたことがあるのです。
そう、「黒豆納豆」の「黒豆」はお正月に作られるおせち料理に入っている黒豆と同じもの
あの「黒豆」に大豆を納豆にするために施す処理と同様のことをし、納豆としたのが「黒豆納豆」です。

その「黒豆納豆」が今話題となっています。

次のニュースをご存知でしょうか。
藤原紀香も悶絶?「黒豆納豆」40代女性におすすめの理由

あの女優、藤原紀香さんが今「黒豆納豆」に大注目だそうです。

ただの「納豆」ではなく、「黒豆納豆」であることが大きなポイントですね。

本記事ではそんな「黒豆納豆」がなぜオススメなのか、普通の「納豆」と比べて優れている点などをご紹介します。

この機会に、是非普通の納豆とは違う「黒豆納豆」を試してみてはいかがでしょうか。

「黒豆納豆」その1 普通の「納豆」と違う点は?

黒豆納豆 納豆

黒豆納豆」が通常の納豆と違う点は何なのでしょうか。

後にも少し触れますが、納豆が栄養たっぷりの超美容食品であることは既知の事実といえます。
では「黒豆納豆」は?

当然、普通の「納豆」が黒くなっただけではありません。
食べることで得られる栄養が大きくパワーアップしています。

具体的に説明すると、「黒豆納豆」は「ポリフェノール」の「アントシアニン」が通常の納豆よりも多く含まれています

急に聞きなれない片仮名が登場して戸惑うかもしれませんが、1つずつ解説していきましょう。
まず、ポリフェノールとはWikipediaで次のように説明されています。

ポリフェノール(polyphenol)は、たくさんの(ポリ)フェノールという意味で、分子内に複数のフェノール性ヒドロキシ基(ベンゼン環、ナフタレン環などの芳香環に結合したヒドロキシ基)を持つ植物成分の総称。
ほとんどの植物に含有され、その数は5,000種以上に及ぶ。光合成によってできる植物の色素や苦味の成分であり、植物細胞の生成、活性化などを助ける働きを持つ。

これだけではあまりピンと来ないかもしれませんね。

簡単に説明すると、赤ワインやコーヒーに多く含まれているポリフェノールは動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用があるのです。
そして「アントシアニン」は、Wikipediaに依ると次の様に説明されます。

アントシアニン(英: anthocyanin)は、植物界において広く存在する色素、アントシアン(英: anthocyan、果実や花の赤、青、紫を示す水溶性色素の総称)のうち、アントシアニジン(英: anthocyanidin)がアグリコンとして糖や糖鎖と結びついた配糖体成分のこと。
高等植物では普遍的な物質であり、花や果実の色の表現に役立っている。
フラボノイドの一種で、抗酸化物質として知られる。

黒豆納豆」の黒色は、このアントシアニンによるものなのです。

そしてアントシアニンの抗酸化作用は細胞が傷つくのを防ぎ肌の劣化を抑制します。
つまり、アンチエイジングに期待できますね。

他にも腸内の善玉菌を増やしてくれる「ガラクオリゴ糖」、中性脂肪を抑えてくれる「サポニン」など嬉しい効果が盛り沢山です。

美容・健康目的で納豆を食べている人は、「黒豆納豆」も試してみてはいかがでしょうか。

「黒豆納豆」その2 どこで変えばいいの?

黒豆納豆

黒豆納豆」はスーパーでも売られていることはありますが、やはり通常の納豆より値段が張るためか入荷は少なめです。

見かけた時に買う、でも良いですが本記事ではAmazonなどのネット通販サイトを通じて購入することをオススメします。

まとめて買って、快適な黒豆納豆」ライフを始めましょう。

黒千石の黒豆納豆(小粒)

新品価格
¥220から
(2016/10/19 14:57時点)

小杉食品(株) 日本の黒豆納豆 大粒 1箱 8個入 (1個あたり40g×2)

新品価格
¥2,057から
(2016/10/19 11:54時点)

どんな味がするのか、普通の納豆と比べてどうなのかなど、気になる方は是非試してみてはいかがでしょうか。

「黒豆納豆」その3 納豆のおさらい

黒豆納豆 納豆

黒豆納豆」が通常の納豆と違う点については先程説明しましたが、ここでは納豆の長所を復習しておきましょう。

言わずと知れた健康食品「納豆」。
臭いやネバネバが人を選ぶものの、その優秀さは食品の中でもトップクラスです。

納豆に含まれている栄養素は大豆イソフラボン、ミネラル、食物繊維、ナットウキナーゼ、ビタミンB2、ムチン

美容・健康を毎日の納豆が底上げしてくれます。

大豆イソフラボンは美容担当、男性向けの薄毛予防にも。ミネラルは骨を丈夫に、貧血予防。食物繊維とムチンは体の調子を整えます。

納豆キナーゼは血液サラサラ、ビタミンB2はエネルギー!!これだけの栄養を含んでいると知ったその日から納豆生活が始まるでしょう!

黒豆納豆」はこれらの栄養に加えてポリフェノールが多く含まれています。

普段納豆を食べている人も、さらなる段階「黒豆納豆」へ進んでみてはいかがでしょうか。

おわりに

黒豆納豆 おわりに

いかがでしたでしょうか。

普通の納豆は独特な臭いとネバネバがありますが、「黒豆納豆」はそれに加えて見た目でさらに人を選びそうですね。

しかし「黒豆納豆」は豊かなコクと旨味を持っているので、普通の納豆よりもクセが少なく美味しいです。

それに本記事で紹介したように、普通の納豆以上の栄養をもっています。

見た目やその値段で敬遠すること無く、ぜひ一度試してみましょう♪

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet