Amazon新サービス「Kindle Unlimited」とは?〜使い方から解約方法まで〜

この記事の所要時間: 534

はじめに

kindle unlimited はじめに

皆さんは「Kindle Unlimited」というサービスをご存知ですか?

「Kindle Unlimited」とは、Amazonが8月上旬に開始したサービスです。

海外では日本よりも早くサービスが開始されていたため、リリース前から日本でも話題になっていた「Kindle Unlimited」。

本記事では、そんな「Kindle Unlimited」が一体どのようなサービスで、どのようにして利用することができるのかなどをご紹介します。

「Kindle Unlimited」の解約方法もご紹介するので、もしも「思っていたサービスと違う…」と思った際には参考にして下さいね。

新しいサービスを提供する度に話題になるAmazon。「Kindle Unlimited」もチェックする価値が十分にあるサービスです!

1. 「Kindle Unlimited」とは?

kindle unlimited 1

先述した通り、Kindle Unlimitedとは米Amazonの提供するサービスで、日本では8月3日に開始されました。

Kindle Unlimitedがどのようなサービスなのか、一言で言うならば「電子書籍読み放題サービス」です。

月額980円(税込み)を支払うことで、和書12万冊以上、雑誌240タイトル以上、洋書120万冊以上が読み放題となります。

具体的な参加出版社は、講談社、小学館、文藝春秋、新潮社、幻冬舎、光文社、東京創元社、ダイヤモンド社、東洋経済新報社、PHP研究所、インプレス、主婦の友社、学習研究社、白泉社、秋田書店、祥伝社、双葉社、一迅社、手塚プロダクションなど挙げればキリがないほどです。

カテゴリ分けでの各冊数は小説が1.6万冊、ビジネス書8000冊、実用書2万冊などを含む書籍8万冊以上、コミックス3万冊以上、雑誌240タイトルのバックナンバーを含む2000冊以上となっています。

対応端末はKindle端末やFireタブレット、Android/iOS/PC/MacのKindleアプリです。

Kindle Unlimitedについて1点注意しておくべき点があるとするならば、一度に購読できる本は10冊までということです。

しかし10冊以上を同時に読む必要は一般的にはありませんし、ほとんどの人にとってはあまり厄介に感じることはない制約といえるでしょう。

非常に多くの本が980円で読み放題になる魅力的なサービスですが、肝心のラインナップはどうなのでしょうか。

実際にAmazonのサイトからチェックしてみましょう。

『カテゴリー(左上)』→『本・コミック・雑誌&Audible』→『Kindle本』と移動して、左側のカテゴリ一覧から『Kindle Unlimited 読み放題』の『読み放題対象タイトル』にチェックを入れるとラインナップを確認できます。

好みのコンテンツや気になっていた本などがあれば、30日間の無料キャンペーンを利用するのもいいでしょう。

2. 「Kindle Unlimited」の使い方

kindle unlimited 2

Kindle Unlimitedの使い方は非常にシンプルです。

まずはKindle Unlimitedのページにアクセスしましょう。

kindle unlimited 使い方

「30日間の無料体験を始める」をクリックし、Amazonで利用しているIDとパスワードを入力しログインします。

kindle unlimited 使い方

あとはKindle Unlimitedの対象書籍から読みたいものを選び、「Kindle Unlimitedで読む」をクリックすれば使用している端末で読むことが可能になります。

スマホでKindle Unlimitedを利用する際には、Amazonが提供している「Book Browser」というアプリを利用することでより効率よく対象コンテンツを見つけることが可能です。

Kindle Unlimitedは普段のショッピングでAmazonを利用している時と同じ感覚で楽しむことが出来ますね。

3. 「Kindle Unlimited」人気コンテンツが消えた?

Kindle Unlimited 人気 消えた

本記事を作成している時点ではKindle Unlimitedの対象コンテンツから人気作品が外されたことが話題になっています。

Kindle Unlimitedは、利用者が対象コンテンツを利用する度にAmazonが出版社へお金を支払う仕組みとなっています。

しかし予想以上に多くの人がKindle Unlimitedを利用したために出版社へ支払う額がかさみ、いったん人気コンテンツを対象から外した模様です。

Amazonとしては電子書籍サービスに注力してKindleの売上へ繋げたいという狙いがあったと考えられますが、読み放題というKIndle Unlimitedのサービスは早くも危険に直面しています。

まだまだ発展途上のサービスかもしれませんが、月額980円に見合うラインナップが揃うといいですね。

4. 「Kindle Unlimited」の解約方法

kindle unlimited 解約

ここではKindle Unlimitedの解約方法をご紹介します。

Kindle Unlimitedは、特に設定を変更しないかぎり30日間の無料キャンペーン終了後に自動的に980円が請求され利用を続ける形式となっています。

この形態はAmazonプライムと同じなので、既にAmazonプライムを利用したことのある方はピンとくるかと思います。

無料キャンペーンでKindle Unlimitedの利用を終了し、980円を請求されない設定にするためにはアカウントページから上の画像のように、Kindle Unlimitedのメンバーシップ管理画面へ移動しましょう。

そうすると、一ヶ月の無料キャンペーンでKindle Unlimitedの利用するか・継続するかを設定することができます。

Kindle Unlimitedの利用を続けるつもりがないのにうっかりキャンセルを忘れてしまわないよう、設定は十分にチェックしておきましょう。

おわりに

Kindle Unlimited おわりに

いかがでしたでしょうか。

まだまだ人気コンテンツが不足している印象のある電子書籍市場ですが、Kindle Unlimitedのようなサービスが増えることで市場に変化が起こるかもしれませんね。

Kindle Unlimitedをきっかけに、電子書籍に初めて触れることになる人も増えるでしょう。

Kindle Unlimitedを筆頭とした電子書籍市場の発展に、これからも目が離せませんね!

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet