世界で最も稼いでいるスポーツ選手はあの人!気になる年収をチェック

この記事の所要時間: 334

はじめに

スポーツ選手 年収
リオでオリンピックが開催された2016年。手に汗握るその活躍ぶりにはみなさんも感動しましたよね。

ところで、スポーツ選手はどのくらい収入を得ているものなのでしょうか。
フォーブスが出した「世界で最も稼いでいるスポーツ選手トップ100」から、トップ10をご紹介します!

金額は、ドルを換算しておおよそで出しています

1位 クリスティアーノ・ロナウド選手

スポーツ選手 年収
年俸60億円+広告契約料34億円=94億円

1位はポルトガル出身のサッカー選手。現在はリーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属です。

2位 リオネル・メッシ選手

スポーツ選手 年収
年俸57億円+広告契約料30億円=87億円

アルゼンチン出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。

3位 レブロン・ジェームズ選手

スポーツ選手 年収
年俸25億円+広告契約料58億円=83億円

「キング」の愛称でも親しまれているバスケットボール選手です。広告収入ハンパないですね。

4位 ロジャー・フェデラー 

スポーツ選手 年収
年俸8億円+広告契約料64億円=73億円

スイス出身のプロテニスプレイヤー。
その美しいフォームから、もっとも完成度の高い選手と言われています。

5位 ケビン・デュラント

スポーツ選手 年収
年俸22億円+広告契約料38億円=60億円

ワシントンDCのバスケットボール選手。
K-Dog,KDの愛称で親しまれています。リオオリンピックでも代表選手として出場しています。

6位 ノバク・ジョコビッチ

スポーツ選手 年収 
年俸23億円+広告契約料36億円¬=59億円

日本でも人気の高い、セルビア出身のテニスプレイヤー。
少年時代コソボ紛争で苦労した経験から、チャリティーにも多大な貢献をしています。

7位 キャム・ニュートン 

スポーツ選手 年収
年俸44億円+広告契約料13億円=57億円

ジョージア出身のアメリカンフットボール選手。
NFLのカロライナ・パンサーズに所属しています。お父さんももとNFL選手。

8位 フィル・ミケルソン

スポーツ選手 年収
年俸3億円+広告契約料53億円=56億円

アメリカ出身のプロゴルファー。
障害獲得賞金ランキング歴代2位です。
さすがアメリカだけに広告収入がすごいですね。といっても年収3億というだけで、私たちには手が届きませんが。

9位 ジョーダン・スピース

 
スポーツ選手 年収
年俸22億円+広告契約料34億円=56億円

こちらもアメリカ出身のプロゴルファー。
中学時代夢中になっていた野球では左投手をしていましたが、ゴルフは右打ちです。器用ですね。

10位 コービー・ブライアント

 
スポーツ選手 年収
年俸27億円+広告契約料27億円=54億円

フィラデルフィア出身のもとバスケットボール選手。
2016年4月に引退したばかりです。

日本人選手は?

スポーツ選手 年収
日本人選手ではテニスの錦織圭選手29位にランクインしています。
年俸350万ドル+広告契約料3000万ドル=3350万ドル(約3億円)です。今日本でホットなスポーツ選手ですね。

また野球の田中将大選手も、年俸2300万ドル(約2億円)で74位にランクインしています。

男性ばかり?

スポーツ選手 年収
女性は2人がランクイン。ひとり目はアメリカ出身のプロテニスプレイヤー、セリーナ・ウィリアムズで40位です。
年俸890万ドル+広告契約料2000万ドル=2890万ドル(約3億円)。

もうひとりもテニスプレイヤーでロシア出身のマリア・シャラポワ。年俸190万ドル+広告契約料2000万ドル=2190万ドル(約2億円)です。

おわりに

スポーツ選手 年収
やはりサッカーやバスケット、テニスなどが収入を得ていますね。
もちろん、ここまでくるには素質やタレント性もあるでしょうが、計り知れない苦労もあるのでしょうね。

参考
http://gigazine.net/news/20160612-world-highest-paid-athletes-2016/
http://www.forbes.com/forbes/welcome/#2018dcd86e34

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet