その駐車場、有効利用できてる?駐車場もシェアリングして収入を増やそう

この記事の所要時間: 241

はじめに

駐車場 シェア
駐車場として運営しなくても、簡単に貸して収入を得ることができるシステムが全国に広まりつつあります。
利用していない駐車スペースを所有している方は、貸し出す手続きをするだけでほとんど手間をかけずに副収入を得ることができますよ。
早速、費用0円で始められる駐車場とはどのようなものなのかをご紹介しましょう。

駐車場を貸し出すまでの流れ

駐車場 シェア
パソコンやスマホを利用して個人の所有している駐車スペースを貸し出すことができます。
駐車場を貸し出すには仲介を希望する会社への登録が必要です。

AKIPPAの場合

登録ページにアクセスし駐車場の住所・対応できる車両といった基本情報を入力するところからスタートします。
登録したメールアドレス宛に届いたメールを確認し、駐車場の写真を送信。
この時点で審査が行われます。
審査通過後は貸し出したい日時を登録し完了です。

登録はスマホのアプリを利用すると便利ですよ。

貸し出せる場所

駐車場 シェア
車1台もしくはバイク1台をとめられるスペースを確保できれば貸し出し可能です。
庭の一角など整備された駐車場以外でも車両を停めにくい場所でなければ貸し出せる場合もあります。

経営している月極駐車場の中に契約していない駐車スペースがある場合も活用できますし、居住しているマンションに空いている駐車スペースがあれば管理組合で登録することも。
法人でも会社・店舗・病院などで使用している駐車場の一部を貸すことができます。

自宅の駐車スペースはこんなときに貸し出そう

駐車場 シェア

出勤などで平日の昼間は使っていない。
土・日に外出が多く平日しかガレージを利用していない。
数日間、車で出張に行く
車を手放し使っていない駐車場がある 

 

場所や条件により月あたりの収入は様々です。
スタジアムの周辺などは個人宅で月に5万円程度の収入を得られる可能性もあります。

登録募集中の会社

駐車場 シェア
AKIPPA https://www.akippa.com/owner
TOMERETA https://tomereta.jp
軒先パーキング https://parking.nokisaki.com/pages/about2
Smart Parking http://smart-parking.jp/howto/

JAFの会員はJAFのサイトから軒先パーキング駐車場シェアサービスを利用することができます。

登録する会社によって貸し出しまでの流れや料金の設定、個人情報に関する取扱い方法等、内容が異なるので詳しくはホームページにてご確認ください。

おわりに

駐車場 シェア
自分の都合に合わせて駐車場を貸し出すだけで収入を増やせる便利なシステム。
得た収入を使わずに貯めていけば確実に貯金も増やせそうです。
貸すだけでなく借りたいときにも、格安の駐車場を見つけることができるので節約にもなります。
貸し借りともに活用してみてくださいね。

参考
http://japan.cnet.com/news/business/35077027/

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet