コンセントを抜けば本当にお得?知っておきたい待機電力を徹底解説

この記事の所要時間: 326

はじめに

電気代 節約 コンセント 待機電力
家庭の電気製品のコンセント、抜いていますか?
かつてはコンセントを抜くと、節約になると言われ、実践している人も少なくはないはず。

しかし電化製品は常に新しく改良され、変化しています。
今でも本当にコンセントを抜けば節約につながるのでしょうか、実態をみていきましょう。

コンセントをつないでいると電気は消費される

電気代 節約 コンセント 待機電力
コンセントにつながっていると、電化製品を使っていなくてもわずかに電力がかかっています。
これを「待機時消費電力」といいます。みなさんがよく耳にする「待機電力」のことですね。

待機電力は全体の6%

電気代 節約 コンセント 待機電力
1年間の家庭で消費される電力量のうち、待機時消費電力は全体の約6%といわれています。

例えば、2人暮らしの家庭の電気代が1ヶ月1万円、待機電力を6%とすると、1ヶ月の待機電力は600円、年間にすると7,200円が待機電力にかかっている、ということになります。節約したいという人には、なかなか見逃せない数字ですね。

コンセント、こまめに抜けばOK?

電気代 節約 コンセント 待機電力
では、コンセントを抜いておけば、節電につながるのか、というとそうではありません。なぜなら電化製品を動かすときは、「起動力」というものがかかるからです。

電気をいちばん消費するのはつけるとき

電気代 節約 コンセント 待機電力
電気製品は、起動するときに動かす回路やモーターが入っています。
電気のスイッチを入れる瞬間、電気回路に大きな電流が流れます。
消すときは電流が流れないので消費しませんが、頻繁にスイッチのオン・オフを繰り返すと、そのたびに大きな電流が流れるため、電気を無駄遣いすることになるのです。

電化製品の違いを理解しよう

電気代 節約 コンセント 待機電力
実は、電化製品は待機電力のかかるものと、かからないものがあります。
待機電力がかかるものは、リモコンや時間表示などを必要とするものです。
・給油器
・エアコン
・テレビ/ビデオ
・ファンヒーターなど

待機電力がかからないものは、商品のメーカーや種類によりますが、基本的に使うときしか通電の必要ないものです。
・ドライヤー
・トースター
・コタツなど

注)ただし火災防止などの安全面から、使わないときは抜いておくとよいでしょう。

エアコンは季節ごとにコンセントを抜こう

電気代 節約 コンセント 待機電力
エアコンはスイッチを入れるたびに起動力がかかります。よって、つけたり、消したりすることを繰り返すよりは、1日中つけっぱなしにしておいた方が電気代が安くなる、というメーカーもあります。
また、スイッチを入れる度に外気との温度差がなくなった部屋を調整しなければならないため、かなりの電力を消費します。

その代わり、使用しない季節には、待機電力を抑えるためにコンセントを抜いてしまったほうがよいでしょう。

テレビはコンセントを抜かないでOK

電気代 節約 コンセント 待機電力
最近の液晶テレビ、洗濯機、電子レンジなどは以前に比べ待機電力が半分以下、または3分の1にまで減っています。テレビの待機電力は丸一日で2.4W程度で、金額にすると1ヶ月約2円です。

これらの電化製品のコンセントを入れたり抜いたりすると、コンセントを入れる度に、データ受信などの起動に電力がかかってしまうので逆効果。コンセントを入れっぱなしの方が電力消費は抑えられます。

実は画面の明るさや、音量を下げるだけでも電気代が節約できるそうですよ。

パソコンやモデム

電気代 節約 コンセント 待機電力
パソコンや外付けのモデムなどは、逆に待機電力が増えています。近年のパソコンはアイテムやメモリーなどが増えているため、と考えられます。

おわりに

電気代 節約 コンセント 待機電力
今や電化製品は進化・複雑化しています。使い分けが必要ということ、おわかりいただけましたか?

もちろん、しばらく使わないもの、また旅行などで家を開ける場合などは、電気代の節約のためにも発火防止のためにも、コンセントは抜いておきましょう。

今はスイッチ付きタップも一般的ですから、使うのも一つの手段。家電によって使い分けて、上手に節約しましょうね!

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet