そのお茶殻捨てたら損?!今日から簡単お茶殻の再利用方法まとめ

この記事の所要時間: 411

はじめに

お茶 茶殻 再利用 エコ
食事やブレイクタイムに気軽に飲まれている緑茶
最後の最後まで使い切っていますか?
飲み終わった後のお茶殻も普段の生活で大活躍してくれます。

節約の味方、お茶殻の再利用方法を知って圧倒的に活用してみましょう。

期待できる消臭効果

お茶 茶殻 再利用 エコ
http://item.rakuten.co.jp/hokkori/819968/

靴箱の嫌なにおいに

夏場は特に気になる靴箱のにおい。
まず、天日や電子レンジを使ってお茶殻を乾燥させます。
乾燥させたお茶殻を通気性のいい袋に入れて靴箱に入れると、靴箱のイヤなにおいが軽減します。

タンスにも

靴箱と同じく、お茶殻を完全に乾燥させます。その後、乾燥したお茶殻を袋に入れ、タンスの引き出しに入れておきましょう。
湿気・におい・虫の対策に役立ちます。

灰皿に入れて

吸わない人には気になるタバコのにおい。
灰皿にお茶殻を入れておくとにおいがせず安心です。

ペットのトイレの砂に混ぜて

部屋全体が臭ってしまうことのあるペットのトイレ。
お茶殻を砂に混ぜるだけで簡単に消臭できます。

キッチンでの気になるにおいも解消

お茶 茶殻 再利用 エコ
出典http://www.tokyo-cha.or.jp/entry2013/20130726_1130.html

冷蔵庫内を消臭

お茶殻を急須から取り出して軽く絞ります。
後は邪魔にならない大きさの器にお茶殻を入れて冷蔵庫に入れ、3日ほどで交換するだけ。
乾燥させたお茶殻も、同じように器に入れることで冷蔵庫内の消臭に使えます。

まな板の嫌なにおい対策

肉や魚の生臭さが残ってしまったまな板に、味や香りのしなくなった出がらしのお茶を上からかけると気になるにおいがなくなります。
包丁についたにおいにも効果があります。
柔らかい布にお茶殻を包んだものでふき取る方法もあります。

フライパンのにおいが消える

魚料理などに使った後のフライパンでお茶殻を炒ってみましょう。洗剤だけではなかなか落とせないにおいを、簡単に消すことができます。

魚グリルの掃除が簡単に

魚グリルの受け皿に茶殻を入れてみましょう
下に落ちた魚の油分をお茶殻が吸い取ってくれるので後片付けの時間が短くなりますよ。

掃除でも大活躍

お茶 茶殻 再利用 エコ
出典http://super-ferret.blog.so-net.ne.jp/2010-12-20

掃き掃除でも活躍

掃除機があまり普及していなかった時代、ほこりをたてずにほうきで掃くために使われていた方法です。
湿ったお茶殻をフローリングや畳に撒いてほうきで掃いていきます
ほうきが無いときは乾いた掃除用シートを付けたフローリングワイパーで撒いたお茶殻とホコリやゴミを一緒に集めていきましょう。

粉塵や砂埃などで汚れがちな玄関やベランダの掃除にも役立ちますね。

煮出したお茶殻で床を磨く

お茶殻を煮出し、雑巾を浸したらしっかり絞り、畳やフローリングを拭いてみましょう。

消臭や殺菌効果も期待できるので家中がきれいになりますよ。

煮出す手間のないときは出がらしのお茶でもOK。

美容と健康にも

お茶 茶殻 再利用 エコ

よく眠れるお茶ガラの枕

茶殻が完全に乾くまでよく干します。
乾いたお茶殻を枕に入れるだけで、ほのかにお茶お香りがする柔らかな安眠枕の出来上がり。

うがい

のどの殺菌や保湿に効果があるとされているお茶うがいは、色が付いている程度の出がらしでも大丈夫。
冷蔵庫で2日~3日は保存できます。

水虫対策

殺菌や抗菌効果があるので出がらしのお茶を、患部に塗布するだけで効果が期待できます。
一煎目のお茶はさらに効果的です。

香りを楽しむ入浴剤として

乾燥したお茶殻をガーゼなどで包み湯船へ入れるだけで、落ち着くにおいが広がります。
お茶の香りを楽しみながらリラックスできますよ。

花や緑を元気に

プランターなどに植えてある植物の根元にお茶殻を置くだけで、肥料の代わりになります。
効果は植物の種類にもよりますが、他の肥料を節約できそうですね。

食べてもおいしい

お茶 茶殻 再利用 エコ
出典http://www.obubu.com/blog2/2006/01/vol99.html#suigyoza

水餃子のあんにお茶殻を混ぜています。
お茶のほのかな苦みが加わりいつもと違う味を楽しめます。

その他、お茶殻を使った料理はこちらでも紹介しています。
「捨てるなんてもったいない!栄養いっぱいのお茶ガラ料理レシピまとめ」
https://www.drwallet.jp/navi/15617/

おわりに

お茶 茶殻 再利用 エコ
お茶殻の利用方法はいかがでしたか?
飲んだ後までしっかり利用できるお茶は、節約に向いている飲み物かもしれませんね。
一番茶・二番茶・三番茶はそれぞれ味に特徴があり、最後まで美味しく頂けます。
一年を通してお茶を生活に活かしてみましょう。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet