これで茶渋を落とせるなんて!身近なモノでカップをいつでもきれいに

この記事の所要時間: 218

はじめに

茶渋 お茶 汚れ

毎日きれいに洗っているのにいつの間にか付いてしまっている茶渋。
漂白剤・重曹・メラミンスポンジなどを利用して落とすことができますが、実はもっと身近なものを活用してきれいにすることができるのです。
節約やエコにもつながるので、ぜひ覚えておきましょう。

カップを元の色に戻せる意外なものとは

茶渋 お茶 汚れ

卵の殻

卵の殻をよく洗ってから細かく砕きます。
砕いた卵の殻を、カップ等に少量の水と一緒に入れ、茶渋の付いた部分を擦って落とせばピカピカに。

塩をひとつまみ茶渋の付いているカップに入れましょう。
後は食器洗い用のスポンジで擦るだけ。
茶色く染まった部分がみるみる消えていきます。

ミカンの皮+塩

ミカンの皮に塩を付け、茶渋で汚れた部分を擦りましょう。
ミカンの皮に含まれるリモネンという成分で汚れが落としやすくなるため、研磨剤の役割をもつ塩との相乗効果で茶渋がより落としやすくなります。
オレンジやレモンなどの柑橘類も同じように利用できますよ。

ジーンズの切れ端

丈直しや古いジーンズのリメイク時に出た端切れを使います。
水に濡らしてこするだけで着色した部分が元の色に。

 

摩擦によって傷がついてしまうおそれもあるので、大事な器の茶渋を落とすときは、どの方法を選ぶかよく考えて行いましょう。

茶渋をつけないための工夫もしてみよう

茶渋 お茶 汚れ

飲み終わったカップは早めに洗う

飲み終わったカップや湯呑を放置しておく時間が長ければ、それだけ茶渋は付きやすくなります。
飲んだ後はできるだけ早く洗い、すぐに洗えないときは水につけておくようにしましょう。
急須やティーポットも洗い忘れのないように。

茶渋が付きにくい材質のカップを選ぶ

粘土質の土を使って作られた陶器は吸水性が高く、茶渋が付きやすいのが特徴です。
一方、磁器は吸水性が殆どなく表面がつるつるしているので茶渋が付きにくくなっています。
お手入れに時間をかけたくないなら磁器を選ぶといいでしょう。

おわりに

茶渋 お茶 汚れ

カップ・湯呑・急須などに付いたちょっとした茶渋は気づいていても放っておきがち。
風水ではこうした毎日使うグッズの汚れをきちんと落とすことで、運気が安定してくると言われています。

今日からは、環境にも優しい身近なものを活かしてきれいな状態を保ち、ピカピカのカップでゆっくりブレイクタイムを過ごしてくださいね。

SNSウィジェット

無料の家計簿アプリ Dr.Wallet